ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

セレブにも大人気!世界に誇れる和食をもっと食べよう

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

セレブにも大人気!世界に誇れる和食をもっと食べよう

手軽に好きな食べ物を食べられる飽食の時代ですが、みなさんは週に何回和食を食べますか? 健康に良いとされるメニューや食材はたくさんあります。その中でも海外セレブも注目している「和食」について今一度考えてみたいと思います。

ユネスコ世界遺産にも登録された日本食

2013年にユネスコの世界無形文化遺産に登録された「和食」。世界に誇るべき和食は、季節や彩りを考え、器にまでこだわる見た目の美しさや、地域によって違う豊かな行事との関わり、健康的な食生活を支える栄養バランスという点で高く評価されました。
世界では和食ブームが起こり、箸を上手に使う外国人が増える一方で、当の日本人には和食離れが叫ばれています。当たり前のように身近にあるからわからないけれど、海外旅行などで和食が食べられなくなるとそのありがたみがわかるとも言われていますね。

どうして和食は体にいいの?

和食の中心、日本人の主食はまぎれもなく「お米」です。古来から日本人はお米を育て食べてきました。炭水化物の中でもお米は消化吸収が良く、大切なエネルギー源。
ビタミンやミネラル、食物繊維が多く含まれている玄米はもっと栄養が豊富です。昔から和食の献立としてある「一汁三菜」は、主食・主菜・副菜・汁物・香物(漬物)と、数多くの品目をバランス良く食べることができます。穀物・野菜・魚介を中心とした食材は低カロリーで大豆製品は植物性タンパク質を多く含んでおり、体に良いことも魅力のひとつ。
味噌や醤油、漬物、納豆などの発酵食品も豊富で、免疫力を高めお腹にも肌にも嬉しい食材がたくさんあります。海外ではあまり食べられていない海藻類をよく食べるのも和食の特徴で、ミネラルがたくさん摂れます。香り高い「だし」を使うのも日本ならではの食文化ですね。

ダイエットにも美容にも和食をおすすめしたい理由

和食は使う食材が多様で、煮る・焼く・蒸す・和えるといった調理法が多いため高タンパク低脂肪を簡単に実行できる献立が多くあります。大豆製品や発酵食品はアンチエイジング効果が高く美肌を作るビタミンB2が豊富。「豆(大豆製品)・ごま(ナッツ類)・わかめ(海藻類)・野菜・魚・しいたけ(きのこ)・いも」の頭文字をとった「まごわやさしい」という食事法があり、これらをまんべんなく摂れば自然と栄養バランスが整うと言われています。

マドンナやミランダ・カー、ヴィクトリアベッカムなど著名なセレブたちが専属調理人を雇うほど夢中の和食。いつでも食べられる私たちは幸せなんですね。美容と健康によい日本の伝統である和食を見直してみませんか?

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。