体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ペルー・クスコで見つけた自分だけの旅グッズ!好きなものを身につけて旅するって素晴らしい

92回ピースボートに乗船しているかおりです。南米でピースボートから離脱し、自分の足で旅をすることになった経緯や方法はこちらの記事で。

ピースボートで世界一周中にパナマから一時的に下船して、ルームメイトの一人と南米を旅していました。ぺルーのクスコに降りて最初にカラフルな雑貨の可愛さに驚きました。特に靴好きな私は、かわいいスニーカーにテンションが上がりっぱなしです。

1

そんな中、マチュピチュ村で出会った日本人女性に「オーダーメイド」で靴を作れる店があることを教えてもらいました。モノづくりもハンドメイド製品も大好きな私は、急遽日程を変更してさっそく靴作りに行ってきました。

わくわくしながらお店に入り、店内にはたくさんの靴が飾られていました。まずはどんな形にするのかモデル選びです。ハイカットスニーカーやローカット、ショートブーツ、ロングブーツなど種類も多いです。

4 5

既製品も可愛くて入店してからわくわくしっぱなしです。モデルを決めたあとは、ベースになる革の色と差し込む生地を選びます。

7

かわいい生地が多すぎて本当に迷いました。生地のどの柄部分を入れるかまで細かく指定できます。

お店のおじちゃんに「右足のフロントには太陽を入れて、サイドにはリャマを使ってほしい!」とノートに絵を書いて細かく伝えました。おじちゃん微笑んでいるけど本当に伝わっているか心配です。そして使う布が決まったら足の大きさを図ります。既製品だとなかなか小さいサイズの靴が無いのでオーダーメイドは嬉しいです。

8

私たちは土曜日に注文に行ったため、次の日が日曜日でお店がお休みだったので完成は月曜日です。

9

月曜日の夕方にはクスコを経つため、おじちゃんに「月曜日の朝9時に取りにくるからね!」と何度も念押しして、お店を出ました。そして月曜日…本当に完成しているのか半信半疑でお店へ。「おじちゃん引取りにきたよー。」と言うとおじちゃんは「マニャーナ(明日)」。と一言。

「えー!明日じゃなくて今日だよ!今日クスコから経つから明日じゃダメって伝えたよ!」と焦りながら言うと、微笑みながらおじちゃんしっかり完成品を出してくれました。お茶目な冗談でした。本当に出来てないと思ったよ。

10
1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。