ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ペルー・クスコで見つけた自分だけの旅グッズ!好きなものを身につけて旅するって素晴らしい

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

92回ピースボートに乗船しているかおりです。南米でピースボートから離脱し、自分の足で旅をすることになった経緯や方法はこちらの記事で。

ピースボートで世界一周中にパナマから一時的に下船して、ルームメイトの一人と南米を旅していました。ぺルーのクスコに降りて最初にカラフルな雑貨の可愛さに驚きました。特に靴好きな私は、かわいいスニーカーにテンションが上がりっぱなしです。

1

そんな中、マチュピチュ村で出会った日本人女性に「オーダーメイド」で靴を作れる店があることを教えてもらいました。モノづくりもハンドメイド製品も大好きな私は、急遽日程を変更してさっそく靴作りに行ってきました。

わくわくしながらお店に入り、店内にはたくさんの靴が飾られていました。まずはどんな形にするのかモデル選びです。ハイカットスニーカーやローカット、ショートブーツ、ロングブーツなど種類も多いです。

4 5

既製品も可愛くて入店してからわくわくしっぱなしです。モデルを決めたあとは、ベースになる革の色と差し込む生地を選びます。

7

かわいい生地が多すぎて本当に迷いました。生地のどの柄部分を入れるかまで細かく指定できます。

お店のおじちゃんに「右足のフロントには太陽を入れて、サイドにはリャマを使ってほしい!」とノートに絵を書いて細かく伝えました。おじちゃん微笑んでいるけど本当に伝わっているか心配です。そして使う布が決まったら足の大きさを図ります。既製品だとなかなか小さいサイズの靴が無いのでオーダーメイドは嬉しいです。

8

私たちは土曜日に注文に行ったため、次の日が日曜日でお店がお休みだったので完成は月曜日です。

9

月曜日の夕方にはクスコを経つため、おじちゃんに「月曜日の朝9時に取りにくるからね!」と何度も念押しして、お店を出ました。そして月曜日…本当に完成しているのか半信半疑でお店へ。「おじちゃん引取りにきたよー。」と言うとおじちゃんは「マニャーナ(明日)」。と一言。

「えー!明日じゃなくて今日だよ!今日クスコから経つから明日じゃダメって伝えたよ!」と焦りながら言うと、微笑みながらおじちゃんしっかり完成品を出してくれました。お茶目な冗談でした。本当に出来てないと思ったよ。

10

そして完成した靴を見て感動!要望通りに左右非対称に作ってくれました!もうめちゃくちゃ可愛いです。最後に靴紐を選ばしてくれるのですが、紐もたくさん種類があって、どれを入れても可愛い。靴紐が一番悩みました。

11

悩みすぎて、おじちゃんに「2色もらっていい?」と聞くと快くOKしてくれました。自分だけのオリジナルシューズ。思った以上にクオリティが高く、さっそく履き替えて南米を旅しました。履き心地も良くて最高です。

 

ボリビアではずっと欲しかったカメラケース

12

続いてペルーのクスコからボリビアのラパスへ移動した私たちは、オーダーメイド雑貨を作りに行きました。何故か店名はカタカナです。こちらではバッグやタブレットケース、パスポートケース、ペンケース、ブックカバーなどなど可愛い雑貨がたくさんあってまたもやテンション上がりっぱなしです。

13

お店のおじちゃんに「どれがオーダーメイド出来るの?」と聞いたら「ここにあるもの全部ハンドメイドだから作りたいものを言ってくれれば作れるよ。」とのこと。

14

私は元々欲しかったカメラケースをオーダーメイドしました。モデルと生地選びです。生地がたくさんあって暑さや手触りも生地によって違うのでこちらもすごく迷いました。フロントとサイドの2種類の生地を選んで注文は完了です。私たちは17時頃に注文に行ったのですが、次の日のお昼には完成するとのことでわくわくしながら待ちます。

15

そして次の日引取りに行くと、ちょうど最後の仕上げをしているところでした。自分のカメラケースを作っているところを見れるのも素敵です。

17

そして奥様が可愛いボンボンをつけてくれて完成です。

18

最後にラパスですでに買っていたサルのぬいぐるみをお願いして付けてもらいました!

19

オリジナルのカメラケースが出来てこの後の旅がさらに楽しくなりました。私は好きなものを身に着けているだけで全然楽しさが違うと思っています。オーダーメイドで作ったものは思った以上に愛着が沸くし、作ること自体が旅の思い出になりました。本当にオススメです!

今後の旅でも何かオリジナルのものを作る旅にしたいなと思いました。

 

94回ピースボート乗船者、絶賛募集中!

tb

TRAVELERS BOATとは、2016年8月に出発した92回ピースボートの航海からスタートした、TABIPPOとピースボートが企画する、新しい船上プログラムです。2017年の4月に出発する94回ピースボートにて、TRAVELERS BOATプログラムに参加される方を今回募集しております!

プログラムの主な内容は以下の2つです。

①SNSでの情報発信やライターの経験を!

1つ目は船上の様子や寄港地でのツアー、体験を、TwitterやInstagram、そしてTABIPPOの運営する旅メディアなどで発信して頂くライターとしての活動です。

このライター活動でピースボートのPRを行ってもらうため、本来のピースボートの乗船価格よりもTRAVELERS BOATは格安で申込み頂くことが可能になっています。SNSでの発信やブログ記事作成の経験が無くても、TABIPPOメンバーがイチから詳しくやり方やコツを伝授しますのでご安心ください。

②下船後の生活や仕事、人生について考えるプログラム

2つ目は「人生を変える船旅にするプログラム」です。大学を休学する方、仕事を退職し転職活動前に乗船する人など様々かと思います。今後の人生や仕事の選択について講師がサポートし、大きなキッカケとなるようなプログラムを用意しております。

具体的には「人生でやりたい100のリスト」をプログラム参加者で作成、ブラッシュアップし、下船後や今後の人生でやりたいことを整理し、アクションを明確化するようなプログラムです。様々なジャンルのプロフェッショナルがTRAVELERS BOATのサポート講師として乗船し、プログラム参加者の今後の人生をよいものにするためサポート致します!

 

第94回のピースボート航海

94boat

◉寄港地 2017年4月12日(水)〜2017年7月25日(水)

日本→シンガポール→タイ→スリランカ→ギリシャ→サルディーニャ島→スペイン→・ポルトガル→フランス→デンマーク→ラトビア→ロシア→フィンランド→エストニラ→スウェーデン→ノルウェー→アイスランド→バミューダ諸島→ベネズエラ→パナマ→ニカラグア→エルサルバドル→ハワイ→日本

map_large

◉金額

18歳〜29歳:700,000円
スクリーンショット 2016-06-10 15.21.08
setsumeikai
スクリーンショット 2016-09-13 13.21.05

 

ピースボートに関する記事まとめ

3ヶ月の船旅世界一周が70万円!TABIPPO特別プログラムで旅するメンバーを募集中!
日本人ならピースボートクルーズに乗るべき8つの理由
「ピースボートの船内は古いって本当?」実際に乗った人の感想をまとめてみた
ピースボート乗船者8人に聞いた!地球一周のルートと期間は?
地球一周累計269回のピースボートスタッフ60人が選んだ「もう一度行きたい国」ランキング
船で世界一周「TRAVELERS BOAT」レポート!毎日ワクワクしながら過ごしています

関連記事リンク(外部サイト)

5万円台で行ける豪華クルーズ旅行が流行中?貧乏バックパッカーの僕がその魅力に取り憑かれた
フェリーで泊まる際に気をつけるべき7つのポイント
1000人で地球一周の船旅へ!経験者がもう一度乗船したい5つの理由
背景には壮絶な物語が!ヨットで世界一周した日本人5選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。