ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『12月8日はなんの日?』ジョン・レノンの命日、悲しみのなかチャートを駆け上がった最後の全米No.1ソング

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『12月8日はなんの日?』ジョン・レノンの命日、悲しみのなかチャートを駆け上がった最後の全米No.1ソング

 12月8日はジョン・レノンの命日である。今から36年前の1980年12月8日、ニューヨークの自宅アパート・ダコタハウスの前でジョン・レノンが射殺されたというショッキングなニュースが世界中を駆けめぐった。ジョンは当時40歳、妻のオノ・ヨーコとともにスタジオから帰宅したときの出来事だった。

 ジョン・レノンといえばビートルズ時代にポール・マッカートニーとのコンビ、レノン=マッカートニーとして史上もっとも多くの全米ビルボードNo.1ソングを生み出しているが、意外にもソロとしての全米No.1ソングは2曲のみ。ジョンにとって記念すべき初の全米ビルボードNo.1ソングは、1974年『心の壁、愛の橋』からのシングル「真夜中を突っ走れ」。1971年にアルバム『イマジン』が全米ビルボードNo.1アルバムとなったものの、今も“愛と平和のテーマ”として世界中の人々に愛されている同名シングルの最高位は3位。意外にもソロとして全米No.1ソングを生み出したのは、ビートルズの元メンバー4人のなかで一番最後だった。

 そして、もう1つの全米ビルボードNo.1ソングは、約5年の主夫生活を送っていたジョンの復帰作となったヨーコとの共作『ダブル・ファンタジー』(1980年)からのシングル「スターティング・オーヴァー」。同曲は11月のアルバムのリリースからわずか3週間後、ジョンの突然の訃報を受けてチャートを一気に駆け上がり、その後5週にわたり首位を獲得。皮肉にもこれがジョンのソロ・キャリアにおいて最大のヒット曲となっている。

関連記事リンク(外部サイト)

『11月9日はなんの日?』ジョンとヨーコが運命の出会いを果たした日
ジョン・レノンがポール&リンダ・マッカートニーに宛てた怒りの手紙、およそ330万円で落札
『11月4日はなんの日?』ジョン・レノンの伝説的ジョークが誕生した日

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。