ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【ビルボード年間Hot Animation】アニメチャートトップは2016年一大旋風を巻き起こした映画の主題歌

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【ビルボード年間Hot Animation】アニメチャートトップは2016年一大旋風を巻き起こした映画の主題歌

 2016年の映画シーンに記録的なヒットを打ち立てた、新海誠監督のアニメーション映画『君の名は。』の主題歌、RADWIMPS「前前前世」が圧倒的なポイントで2016年の“HOT ANIMATION”を制した。本楽曲はアルバムに収録されているため、パッケージセールスのポイントはアルバムのチャートに加算され、ソングチャートである“HOT ANIMATION”には反映されない。しかし、ラジオオンエア回数・デジタルダウンロード・ツイッターの指標で各1位となり、他の追随を許さない断トツのポイントを積み上げた。また、RADは20位以内に同映画の主題歌4曲すべてをチャートインさせるという快挙を果たし、さらにはデジタルダウンロードとツイッター、両指標の1~3位をRADの楽曲が独占するという結果となった。楽曲を聞きたいユーザーがデジタルダウンロード、曲と接触したユーザーがツイッターでつぶやくといったアクションが読み取れる。映画主題歌からの訴求もあるが、楽曲に対してユーザーがアプローチして近づいていることから、どちらかの作品による一方通行ではなく“映画×音楽”で相乗効果が生み出されたことがチャートから見受けられる。
 
 2位にはケツメイシ「友よ~この先もずっと…」(映画『映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃』主題歌)がチャートイン。すべての指標でバランスよくポイントを積み上げており、中でも“PCによるCD読み取り数”のルックアップで1位となった。Hey!Say!JUMP「Fantastic Time」(アニメ『タイムボカン24』オープニング)と、Dream Ami「トライ・エヴリシング」(映画『ズートピア』主題歌)もルックアップが高く、パッケージの購入や、はたまたレンタルなどでCDを手にしたユーザーが楽曲をPCに取り込んでいることが分かる。

 秦基博「ひまわりの約束」(映画『STAND BY ME ドラえもん』主題歌)や、UNISON SQUARE GARDEN「シュガーソングとビターステップ」(アニメ『血界戦線』エンディングテーマ)、A応P「はなまるぴっぴはよいこだけ」(アニメ『おそ松さん』オープニングテーマ)といった、2016年以前にリリースされた曲がトップ10に入った。楽曲が聞き手に反響し、広範囲に浸透して長い期間チャートインしている。2016年を代表する作品となった『君の名は。』の映画は元より、RADWIMPSの楽曲も今後聞かれ続けることは言うまでもないだろう。

◎【Billboard JAPAN Hot Animation of the Year 2016】トップ10
1位「前前前世」RADWIMPS
2位「友よ~この先もずっと…」ケツメイシ
3位「ひまわりの約束」秦基博
4位「なんでもないや」RADWIMPS
5位「チキンLINE」SKE48
6位「スパークル」RADWIMPS
7位「Fantastic Time」Hey!Say!JUMP
8位「トライ・エヴリシング」Dream Ami
9位「シュガーソングとビターステップ」UNISON SQUARE GARDEN
10位「はなまるぴっぴはよいこだけ」A応P

関連記事リンク(外部サイト)

Billboard Japan HOT 100 2016年間チャート
【深ヨミ】RADWIMPS『人間開花』と『君の名は。』サントラ、売上げ動向比較
ケツメイシが4度目トップへ返り咲き!チャートイン100週目前秦 基博が再び10位内に浮上

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。