体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

洗濯機が勝手に洗剤を注文してくれる「スマート家電」時代がすぐそこに!!

それはすなわち「つながる家電」

量販店や通販サイトの家電コーナーで、「スマート家電」というキャッチフレーズを頻繁に目にするようになった今日この頃。いったい、普通の家電とスマートな家電はなにが違うのだろう。もちろん、小型軽量化してスマートになったという意味ではない。

スマート家電のことを、別名「つながる家電」ともいう。つまり、「ネットにつながり、賢くなった家電」がスマート家電だ。注目されるようになったのは2015年ごろからで、世界各地で開催される家電見本市では、スマート家電でなければ家電にあらずというのが現状。このムーブメントを牽引しているのがサムスンやLGといった韓国のメーカーで、日本と中国のメーカーがこれを猛追している。

冷蔵庫の中身をスマホでチェック

では、家電がスマートになるとなにがどう変わるのだろうか? たとえば、サムスンの冷蔵庫である。Wi−Fi経由でネットに接続されたこの冷蔵庫は、扉に埋め込まれた液晶の大型タッチパネルでレシピを検索したり、テレビ番組を見たり、内蔵スピーカーで音楽を聴いたりと、いろんなことが可能だ。冷蔵庫の中身を内部のカメラからスマホ経由で見ることもできるので、外出先から足りない食材をチェックし、帰宅時に買って帰るといったこともできる。

上の動画は、ハワイ在住の主婦keepingupwithashlynさんが、購入したばかりのサムスンのスマート冷蔵庫の機能を紹介している。言葉が英語で再生時間も長いが、眺めているだけでも、スマート家電がどういうものかがわかる。2:00ごろから見るとよい。

洗濯機がスマートになったらこうなるというのは、アメリカの家電メーカー、ワールプールが2015年のCES(国際的な家電見本市)で発表した製品が教えてくれる。スマホにインストールしたアプリで、外出先から洗濯機をコントロールできるのはもはや当然。面白いのは、洗剤や柔軟剤がなくなりそうになると、勝手に注文して取り寄せてくれることだ。

お掃除ロボットもスマート化するとこうなる。LGの発売予定のものでは、内蔵した3つのカメラで部屋全体を撮影することができる。外出先の”ご主人様”はスマホでお掃除ロボットをリアルタイムに操縦して移動させ、掃除させたい部屋や一角をこのカメラで映し、「ここをきれいにしなさい」と命令できるというわけだ。このカメラ機能は防犯にも使われる。泥棒が家の中に侵入したりといった異変をお掃除ロボットが感知すると、それを撮影して、”ご主人様”のスマホに送って知らせてくれるのだ。

家電紹介サイト「Smart Review」が2016年のCESの模様を記録した上の動画では、LGのスマートお掃除ロボットが、スマホのアプリでリアルタイムにコントロールされているのを見ることができる。

スマート家電アプリでスマホがカオスに

“つながる”だけなら、すでに多くの製品がそれを実現している。電動歯ブラシ、エアコン、ドライヤー、体組成計・・・・・・たくさんの家電製品がスマホに情報を送ること自体はとっくに始まっているし、スマホから炊き方を指示できる炊飯器などもある。こういったものもスマート家電の仲間と考えると、私たちの生活はすでに十分にスマートになっているといえるだろう。

これからは、ありとあらゆる家電がスマート化していくのは間違いないし、それによって、スマホから遠隔操作するのは当然のこととなり、その家電の用途に応じたさまざまな便利機能も追加され、自動化されるようになるのだ。

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。