ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

世界一おいしいブーケ!?目でも舌でも楽しめる、食べられる美しいブーケ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

もう捨てなくていい!目でも舌でも楽しめる、食べられるブーケ
(c)facebook/Valgoma puokštė

きれいな花のブーケ、もらうと嬉しいですよね。でも、楽しめるのは一週間くらい。枯れた花を処分するときは、感謝の気持ちをこめて対処はするものの、いつも胸が痛みます。
そんな筆者にもぴったりのブーケを販売しているショップを見つけたので、ご紹介したいと思います。

リトアニア発、食べられるブーケ「Valgoma puokštė」

もう捨てなくていい!目でも舌でも楽しめる、食べられるブーケ
(c)facebook/Valgoma puokštė

こちら一見すると、美しいカラフルなブーケ。けれどよくよく見てみると、実は全て食べられる野菜や果物から作られているんです。

もう捨てなくていい!目でも舌でも楽しめる、食べられるブーケ
(c)Valgoma puokštė

この「食べられるブーケ」を販売しているのは、リトアニアでオープンしたブーケ通販サイト「Valgoma puokštė」。「食べられるブーケ」という意味のリトアニア語がそのまま店名になっています。オーナーのカロリナさん(Karolina Samalė)が友人と一緒にふざけてニンニクやドライフラワーで遊んだことから、この食べられるブーケを思いついたのだとか。

もう捨てなくていい!目でも舌でも楽しめる、食べられるブーケ
(c)facebook/Valgoma puokštė

こちらは、カロリナさんがお気に入りだというブーケ。ご自身の写真で持っているのと同じものですね。ピンクグレープフルーツが鮮やかなばかりではなく、トップにパイナップルを置くことで高さも出ています。
カロリナさんによると、ブーケを作るのに必要な所要時間は2時間程度で、ブーケの重さは2キログラムから3キログラム程度なのだとか。ちょっとしたフルーツバスケットを持っているようなものですからね。

次のページでは、季節感たっぷりのブーケのラインナップをご紹介します。

■あわせて読みたい
世界が絶賛する日本人フローリスト!女性を美しくする「平和のアート」とは?
首都がすべて世界遺産!今こそ知りたい、おとぎの国「バルト三国」の魅力
【文化の違い】パリの花屋で「元気が出る」花束を注文したら、悲しい結果に

バリエーション豊かなブーケたち

もう捨てなくていい!目でも舌でも楽しめる、食べられるブーケ
(c)facebook/Valgoma puokštė

こちらは、アーティチョーク、ぶどう、りんご、ニンニクとローズマリーのブーケ。野菜もハーブもフルーツも揃っているので、ブーケとしての役割を終えた後でも、食卓でバリエーション豊かに頂けそうです。

もう捨てなくていい!目でも舌でも楽しめる、食べられるブーケ
(c)facebook/Valgoma puokštė

そしてこちらは、ぶどう、セージ、キウイ、ほおずき、栗といった秋の味覚を合わせたブーケ。フルーツタルトでも作りたくなる組み合わせですね!

もう捨てなくていい!目でも舌でも楽しめる、食べられるブーケ
(c)facebook/Valgoma puokštė

あえて色味をおさえ、清楚な白とグリーンを中心にまとめられたブーケも素敵です。このままウェディング・ブーケにできそうじゃありませんか?

もう捨てなくていい!目でも舌でも楽しめる、食べられるブーケ
(c)facebook/Valgoma puokštė

そうかと思えば、こんなに派手なものも。「吸血鬼のパーティのためのブーケ」と名付けられたこのデザインは、ハロウィン時期にうってつけのブーケ。ニンニクとトウガラシがふんだんに使われているので、ペペロンチーノパスタが大量に作れそうです!

まだリトアニアでしか手に入らない貴重なブーケ

もう捨てなくていい!目でも舌でも楽しめる、食べられるブーケ
(c)facebook/Valgoma puokštė

目でも舌でも楽しめる、一石二鳥のこのブーケ。筆者も、ぜひ注文したいと思ったのですが、まだまだ配送体制が確立できていないようです。2016年10月にオープンしたばかりのこのWEBショップは、12月現在でカロリナさんが住むリトアニアのカウナス(Kaunas)の市内のみに配送可能なのだとか。

もう捨てなくていい!目でも舌でも楽しめる、食べられるブーケ
(c)facebook/Valgoma puokštė

こんなに素敵なのに、地元限定販売なんてもったいないですね! ぜひ、販路拡大に努めてほしいと思います。

■あわせて読みたい

世界が絶賛する日本人フローリスト!女性を美しくする「平和のアート」とは?
首都がすべて世界遺産!今こそ知りたい、おとぎの国「バルト三国」の魅力
【文化の違い】パリの花屋で「元気が出る」花束を注文したら、悲しい結果に

[I Create One-Of-A-Kind Bouquets That You Can Eat]
[Valgoma puokštė]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。