ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

これならウザくない!LINEの返事をくれないカレに、可愛く催促する方法

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

これならウザくない!LINEの返事をくれないカレに、可愛く催促する方法
こんにちは、コラムニストの愛子です!なかなかLINEを返してくれないカレ……。催促したいけど、ウザいと思われるのだけは勘弁。そんなモヤモヤを持て余し、悩んでいる女性の皆様!それならウザがられないどころか「可愛い」とすら思われちゃうLINEのおねだり、しちゃいましょう。

スタンプでおねだり

「かまってってスタンプで送られてきたときは、可愛いなって思った」
(金融関係/男性/30歳)

「可愛いキャラがプンプン怒ってるスタンプとか、なんかグッとくる」
(飲食関係/男性/26歳)

「?付きのスタンプとか、落ち込んでる感じのスタンプとか送られてくると、早く返してあげようって思う」
(広告関係/男性/29歳)

これは使いやすくていいですね!スタンプだと重くならずに、可愛らしく寂しい気持ちを伝えることが出来るので、男性も重いとは感じにくいようです。色んな種類の催促系スタンプが出ているので、ぜひチェックしてみてください。

すねるイメージ
ただ注意点が1つ。いくらスタンプであっても、返信の催促をされて不快にならないのはカノジョ(もしくは大好きな女性)だけだそうです。ちょっといいかな、と思っている程度でまだ付き合ってもいない女性から催促されると、付き合ったら面倒くさそうだな、と引く男性もいるみたい。気になるカレから返信がなくても、まだ付き合っていないのなら大人しく待っていた方がいいかもしれません。

ギャグで催促

「返信が滞っておりますって、一言だけ送ってみたら、カレのツボにはまったみたいで、喜ばれた」
(ヨガインストラクター/女性/25歳)

「緊急事態!って打って、スペースたくさん空けて(LINE開かないと見れないくらい)、一番下に寂しいって打ったら、すぐ既読になって、カレから電話くれたよ。笑ってくれた」
(事務/女性/28歳)

スマホで連絡を取るイメージ
こちらはスタンプよりセンスが問われるので、ちょっと勇気がいりますね。でも上手くカレの笑いのツボにはまれば、カレはあなたに惚れ直してくれるかもしれません。カレを責めたり、1人で勝手に拗ねたりするのではなく、寂しい気持ちやちょっと腹が立つ気持ちを、ギャグに出来る余裕やユーモアのある女性は、確かに素敵ですよね。カレの笑いのセンスや好みがなんとなくでも分かるようなら、ぜひ試してみてください。

上級じらしテク

「カレが全然返事をくれないときは、カレからやっと連絡が来てもすぐに返事はしない。最低でも私が待った分だけは待たせてから返事する。我慢出来そうなら私が待った倍くらい空けて返すよ。でも、駆け引きばかりしてるワケじゃないよ。カレがマメに連絡をくれているときは、私もマメに返す。これを繰り返してたら、あんまり放置されなくなったんだよね」
(美容関係/女性/30歳)

「カレから返事がなくて、スタンプで返信おねだりした後に、カレが返信をくれてもしばらくは無視する」
(ホステス/女性/29歳)

やっと返事が来たら、つい飛びついちゃいそうになりますが、グッと堪えることも時には大切なのですね。しかし多用し過ぎると駆け引きしているのだなと相手に悟られ逆効果になることも……。

連絡を待つイメージ
でも「オレの気を引きたくてそんなことしてるんだな」と、駆け引きしていることすらも愛しく思ってくれる、器の大きい男性も稀にいるそう。これはカレの性格やあなたのキャラによって効果が大きく変わるかもしれませんね。1度は試してみてもいいのではないでしょうか。

最後に

いかがでしたか?我慢し過ぎると、寂しさを抱えきれなくなって余計に重たい女になってしまいます。カレはただ忙しくて返信を忘れているだけなのかもしれません。あまり深く考えず、寂しいときは寂しいと、可愛く言えるほうがより良い関係を築けるはずです。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

スキンケアだけでは解消できない!身体の内側からほうれい線にアプローチする方法
歩くだけで下半身ダイエット!ヒールの◯◯を変えて体幹を鍛える
筋力UPや若返り効果も!ダイエットウォーキング【インターバル緩急】
飲み会続きでも太らない!人間関係もうまくいく上手なお酒の選び方
顔型別!2016年トレンドの帽子の似合わせスタイル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。