ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

クラプトン、「レイラ」に隠された略奪愛の物語

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

クラプトン、「レイラ」に隠された略奪愛の物語
J-WAVEで放送中の番組「ACOUSTIC COUNTY」のワンコーナー「DAIWA HOUSE SECRET NOTES」(ナビゲーター:西村由紀江)。今週は「12月のラヴソング」をテーマに、ピアニストである西村の想い出のラブソングとその曲のエピソードをお届けしています。

12月7日(水)のオンエアでは、エリック・クラプトンの「レイラ」について紹介しました。

西村が「エリック・クラプトンを聴く」というと、ピアニストはギターの曲を聴かない…というイメージがあるのか、「意外!」と言われることが多いそうですが、オリジナルバージョンの疾走感のある「レイラ」が大好きで、武道館のライブを観て一層好きになったそうです。

エリック・クラプトンはイギリス生まれの音楽家ですが、この「レイラ」はもともと、アメリカのロック・バンド「デレク・アンド・ザ・ドミノス」の曲で、クラプトンとジム・ゴードンによる共作でした。

時は1960年代後半、クラプトンは「ザ・ビートルズ」のジョージ・ハリスンと友好を深めます。“マブダチ”ジョージの誘いで、ビートルズの「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」に参加、あの見事な伝説的なギターソロを奏でます。

ジョージはその頃、モデルのパティ・ボイドと結婚しましたが、クラプトンはジョージの妻であるパティに恋をし、ついには彼女への想いを語る歌をつくる…それがこの「レイラ」でした。

結局その後、クラプトンはパティを自分のものにします。誰かの大切な人を奪い取る歌は、メッセージが強く心に残るのかもしれませんね。

8日(木)の「12月のラヴソング」は誰の曲が取り上げられるのでしょうか? 放送は15時15分頃からです。どうぞお楽しみに!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ACOUSTIC COUNTY」
放送日時:月・火・水・木曜 14時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。