ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

暴飲暴食で正月太り、みんなどう解消してる? SUUMO調べ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「SUUMOなんでもランキング」

年末年始が近づいてきた。忘年会にクリスマスパーティー、新年会……。度重なる暴飲暴食に、新年会が終わるころにはお腹はぽっこり、頬はふっくら。そんな正月太りに、みんなどう立ち向かうのか……。そこで(株)リクルート住まいカンパニーが運営する不動産・住宅サイト『SUUMO(スーモ)』は、「正月太りを解消する方法」をテーマに調査を実施し、結果をランキングにまとめた。

【調査概要】

●調査実施時期:2016年9月30日~2016年10月2日

●調査対象者:全国の20~59歳までの男性208名・女性208名

●調査方法:インターネット

●有効回答数:416

【調査結果】

Q.年末年始の暴飲暴食で体重が増えてしまった!あなたが選ぶそんな正月太りを解消する方法は?(複数回答)

1位:食事制限 34.6%

2位:ウォーキング 22.9%

3位:ストレッチ 9.8%

4位:ランニング 9.5%

5位:スポーツジムに通う 7.5%

6位:ファスティング(断食) 3.9%

6位:ヨガ 3.9%

8位:半身浴 3.6%

9位:岩盤浴 3.1%

9位:太らない 3.1%

※上位10位まで表示

第1位、3人に1人が試していたのが「食事制限」。「夜食べずに我慢すれば食べ過ぎ分は1ヶ月くらいで戻る」「食事制限(糖質制限)程効果があるものはない」など、効果は上々のよう。また、「一番お金もかからず、手っ取り早いから」というように、気軽にできるのがうれしいところ。

2位は「ウォーキング」22.9%。こちらも「体に負担がかからず、お金もかからない」「運動しやすい服装と靴があれば、お金をかけずに手軽に出来るから」など、手軽にお金がかからないのが選ばれる大きな理由のようだ。

3位には「ストレッチ」、4位には「ランニング」、5位に「スポーツジムに通う」が続く。こうして見ると、上位には手っ取り早く、楽に始められるものが多いことが分かる。共通するのは、「道具がなくてもできる」「すぐできる」「お金がかからない」こと。

6位には、話題の「ファスティング(断食)」がランクイン。「胃腸の調子を整える」と、ダイエットだけではない健康への効果を考えたコメントも。同率6位に「ヨガ」も入っており、「美容と健康のため」など、上位に比べて健康や美容へ対する意識の高さが感じられる。

9位には、わずか3%ほどだが「太らない」との回答が。言い換えると97%もの人は正月太りを経験しているのかも……。

全体的に、お金がかからず手っ取り早いものがズラリと並んだ今回のランキング。しかし、お金がかからない、すぐに出来るということは、三日坊主に終わる可能性も大。一度ついた脂肪は頑張らないとすぐには落ちないもの。来年こそは本気のダイエット、頑張ろう。

【主な回答】

●食事制限:夜ご飯を食べずに我慢すれば、食べ過ぎ分が1ヵ月くらいで戻るから。(29歳・男性)

●食事制限:普段から当たり前になっているスイーツやパンなどの間食を減らす。(50歳・女性)

●ウォーキング:通勤や用事で最寄りまで自転車で行くのを、歩くことに変えるだけでいい。(22歳・女性)

●ストレッチ:運動は苦手だし、食べないのも無理だから。(27歳・女性)

●ランニング:汗をかいて、効いている実感があるから。(23歳・女性)

●スポーツジムに通う:お金を払ったら、(行かないと)もったいないから通いそう。(33歳・女性)

●ファスティング(断食):食費が減る。(49歳・男性)

●ヨガ:家でこっそりできる。(47歳・女性)

●半身浴:代謝を高めてあげることで痩せやすくなる。(54歳・女性)

●岩盤浴:少し熱いが、寝ているだけで、汗をたくさんかけるから。(58歳・女性)

「SUUMOなんでもランキング」コーナー:住まいに関する様々なテーマについてアンケートを実施し、結果をまとめた記事を隔週で発表。
元画像url http://suumo.jp/journal/wp/wp-content/uploads/2016/12/20161207.jpg
住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

関連記事リンク(外部サイト)

SUUMO調べ、おせち料理で残ってしまうもの1位は黒くて丸いあの食材
SUUMO調べ、ペット可賃貸に住んだら飼ってみたいペットは?調査結果発表
SUUMO調べ、「不満」が引越しの引き金に?引越し理由ランキング発表

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。