体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

皿の上に広がる小宇宙! 京都スパイスカレーの新星「ムジャラ」のカレーは食通をうならすウマさ

f:id:mesitsu_la:20161124104345j:plain

来たぞ京都に! おまけに近所に! 関西系スパイスカレーが!

こんにちは、メシ通ライターの平山おかんです。おかんのニックネームは文字通り「おかん」っぽいからという理由ですが、それってつまり女性としてのモテとはほど遠い名前だよね……と最近気づきました。

さて、みなさん、スパイスカレーはお好きですか?

私はお好きです。

そういや以前も「森林食堂」を紹介しましたね。今回は、いわゆる関西系スパイスカレーのお店です。

関西系のスパイスカレーって何ぞや? という話なんですが、ものすごくバックリした特徴は、冒頭の画像のように、一皿にカレーとたくさんの副菜が乗ったビジュアル。あとは比較的油っこくなくスパイスの風味がガッツリ効いたタイプのやつ。

関西のカレー屋さんってこういうスタイル多いなと思っていたんですが、実際に東京のカレー好きに聞いてみても「関西のカレーって皿の上が小宇宙(コスモ)ってますよね」って言われたので、あながち間違ってはいないと思います。間違ってたらすんません。

ただ関西系スパイスカレーの本拠地はやっぱり大阪。もっと京都にも関西系スパイスカレーの波がきてもいいと思うの! カレーと副菜の無限の組み合わせを探りながらスパイス欲を満たしたいの! できれば近所で! 徒歩とかチャリで行ける範囲で! あとお昼がいつも遅めだから中休みがない方がうれしい!

……と、ワガママ極まりない願望を携えながらゴロゴロしていたら。

できました。

昼夜通し営業ですごい近所ですごい美味しい、関西系のスパイスカレー屋さんが。

神様ありがとう。今日の晩ご飯はカレーやど! と鼻息荒く仕事終わりに行ってきました。

f:id:mesitsu_la:20161124104340j:plain

真っ青な店内に真っ白な棚、ちなみに調理場はピンクの壁。サイケデリックな色彩が目を引く店内です。元々はスナックだったそうで、ところどころに名残が。

f:id:mesitsu_la:20161124104359j:plain

テーブル席もあるので複数人でも大丈夫。

f:id:mesitsu_la:20161124104343j:plain

こちらが店主の佐藤さん。今年の7月末にオープンしてから、飲み食い大好きな知人各位が「あそこはウマイわ〜」と口を揃えていう絶品カレーの生みの親。

この間、お昼食べて退店した瞬間に「JUNGLE CAVE」のミント氏が来て、流れでそのままもう一回入店してカレー食べました。広がる飲み食い好きの輪……。

f:id:mesitsu_la:20161124104337j:plain

カレーを待つ間、とりあえずビールいっときます。ラガー中瓶 500円。

スパイスカレーってビールとの相性バッチグーなんですが、何となくキレのあるものよりもコクとまろみのあるビールの方が合う気がします。たとえばラガーのような。ちなみにハートランドの中瓶も500円であります。わかってるわ〜。めっちゃわかってるわ〜。

f:id:mesitsu_la:20161124104338j:plain

ビールとともに提供されるスパイシーな豆がおいしい。カレーに乗せて食べてもおいしいので、ぜひカレーが出てくるまで食べきらないようにしてほしい。

f:id:mesitsu_la:20161124104332j:plain

カウンターと棚にはたくさんのスパイスが。

f:id:mesitsu_la:20161124104334j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。