体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

家電がコミュニケーションを通じて提案してくれる時代に突入! “IoT家電”最前線

f:id:ponparemall:20161115123016j:plain

「IoT(Internet of Things)」という言葉が使われ始めて久しいですよね。パソコンやスマホだけでなく、世の中に存在するあらゆるモノに通信機能を持たせ、自動制御や遠隔計測などを行うIoT=「モノのインターネット」。

食材の賞味期限を音声で伝える冷蔵庫など、日常生活に密着した家電にも「IoT」の波が来ています。今回は、生活家電アドバイザーの鴻池賢三さんに、最新“IoT家電”を紹介してもらいました!

会話をしながら献立を提案してくれる「電子レンジ」

過熱水蒸気を使い、食材のおいしさや栄養をより多く保持して調理できるウォーターオーブン「ヘルシオ」の最新機種が、今年9月に登場! 無線LAN機能と音声対話機能を搭載しており、「15分でできるメニューを教えて」「300kcalのメニューを教えて」と声をかけると、調理時間やカロリーに合う料理を提案してくれるのです。「週末は何を作ろう?」といったあいまいな相談にも、気候や調理履歴をもとに答えてくれます。

f:id:ponparemall:20161115121459j:plain

さらに、過去に調理した時の分量や仕上がり調節の設定を覚えて、自動的に反映してくれるため、調理の度に設定する手間が省けます。

「クラウド上にある膨大なレシピや高度な人工知能を、IoTで家電と融合。細かな操作がいらない対話機能によって、誰でも手軽にIoT家電の利便性を体験できます。毎日の献立の悩みを解決してくれるかもしれませんね」(鴻池さん・以下同)

ヘルシオ AX-XW300/オープン価格

画像提供:シャープ

在庫をチェックする⇒

視聴履歴をもとに“見たい番組”をリコメンドする「メディアプレーヤー」

「NETFLIX」「dTV」「hulu」などの動画配信サービスを、液晶テレビ「AQUOS」で見られるようにする「ココロビジョンプレーヤー AN-NP40」。人工知能を搭載しているため、テレビを見ている間に好みやよく見る番組を学習し、個々に合った番組をオススメしてくれます。

f:id:ponparemall:20161115122416j:plain

ブロードバンド回線に接続していれば、リモコンに見たいジャンルやタレントの名前を話しかけるだけで、コンテンツを検索できるというユニークな機能も。

「ほかに類似品が見当たらない斬新な製品。地上デジタル、BS、ネットサービスなど各種サービスを境目なく取り込み、検索してくれるため、“見たい番組”に出会える確率がアップします」

ネットプレーヤー AN-NP40/オープン価格

画像提供:シャープ

在庫をチェックする⇒

空気の質を測り効率的に稼働できる「空気清浄機」

シンプルデザインでインテリアとしても活躍してくれそうな空気清浄機「Blueair Sense+」。最大清浄範囲は11畳で、0.1マイクロメートル以上の微粒子を99.97%除去(※)。デザイン性だけでなく機能性が高いところも魅力です。

f:id:ponparemall:20161115122500j:plain
1 2次のページ
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。