ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

メルボルンの人気お土産とおすすめショップ〜オーガニックコスメや雑貨まで

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Photo credit: Jes via flickr cc

Photo credit: Jes via flickr cc

こんにちは。Compathy Magazineのマナミです。
海外旅行をした時、友達や自分へのお土産選びに時間がかかってしまうことはありませんか。事前に旅行先で有名な食べ物やお洒落な雑貨の情報を調べておくと、買い忘れてしまったということを防ぐことができるかもしれません。今回は、メルボルンへの旅行時にお土産としておすすめな商品30選をたっぷりとご紹介します。

関連記事:「保存版!オーストラリアで人気のお土産ランキング20」

メルボルン旅行でおすすめの人気お土産ランキングTOP30

1.コーヒー:コーヒーを愛してやまないメルボルンの街

Provided by Provided by foursquare-icon-16x16

メルボルンは”カフェの街”として知られ、コーヒーは現地の人々に深く愛されています。メルボルンの至る所にカフェが立ち並び、サイフォンやフィルターなどさまざまな抽出方法で提供されるオリジナルのコーヒーを味わうことができます。
またコーヒー専門のウォーキング・ツアーも開催されており、コーヒー豆の原産地や焙煎、抽出にゆかりのあるスポットを巡ることもできます。カフェごとに異なるオリジナルのコーヒー豆を購入できるので、思い出として複数の種類を購入して飲み比べしてみてはいかがでしょうか?

2.オーストラリア産ワイン

Photo credit: Paul Arps via flickr cc

Photo credit: Paul Arps via flickr cc

オーストラリアはフランス、イタリアに並ぶ世界有数のワイン生産国でもあります。なかでもメルボルンはワイン作りが盛んで、ヤラバレーやモーニントン半島を中心に数多くのワイナリーが展開している地域。シャルドネや、ピノノワールといった人気で飲みやすい品種もあるので、ぜひ試してみてください。
赤ワインやロゼのスパークリングワインなど、日本でもお馴染みの種類のワインも販売されています。値段も15ドルくらいから買えるものからちょっと高めのビンテージまで幅広く展開されているので、ご自分の予算に応じたワインをお土産に持ち帰りましょう。

3.ティムタム(TimTam):オーストラリア土産のド定番であるお菓子

Photo credit: Andrew via flickr cc

Photo credit: Andrew via flickr cc

オーストラリアに来て買って帰らない人はいないほどの定番中の定番といえば、このチョコレートビスケット・TimTam。日本の輸入雑貨店でも販売されているなど、もはやTimTamを知らない人はいないのではないでしょうか? ただしせっかくメルボルンに来たのであれば、オーストラリア限定の味を買って帰るのはいかがでしょうか?
TimTamは基本的にどこのスーパーマーケットでも売られており、スーパーとの限定コラボ商品から、お酒のテイストの大人TimTamなど種類も豊富。シーズンによっても販売される種類が変わるなど、とにかく飽きがありません。場所によっては個別で包装されているTimTamも売られているので、バラ撒き用のお土産としてもぴったりですよ。

4.モア(MOR):メルボルン発オーガニックコスメブランド

出典: 楽天

出典: 楽天

世界各地で健康志向やオーガニックコスメなどが注目を集めていますが、その状況のなかでオーストラリアのコスメ商品も人気です。ここでは2001年にメルボルンで生まれたオーガニックコスメブランド、モアについて紹介します。
モアはパッケージのかわいさと香りの良さから、多くの女性から人気を集めているブランド。なかでもボディーケア商品には力を入れており、スーパーフルーツや植物由来成分を配合した商品が展開されています。ナチュラルでオーガニックな商品は、自分用にもご家族・ご友人へのお土産用にも持ち帰りたいメルボルン土産の1つです。
 

5.カンガルージャーキー

Photo credit:Frederik Hermann via flickr cc

Photo credit:Frederik Hermann via flickr cc

オーストラリアを代表する愛らしい動物・カンガルーは、その肉がジャーキーになったお土産も人気。味付けは醤油ベースを基本としたものが多く、ビールとの相性も抜群な一品です。
カンガルージャーキーは高たんぱく、低カロリー、低コレステロールと健康に優しいのも嬉しいポイント。そのほかにもワニやサメ、エミュー(鳥)といった動物のジャーキーも地元スーパーマーケットで取り揃えられているので、ぜひお好みの味を探してみてください。

6.マルチサプリメント

Photo credit: sriram bala via flickr cc

Photo credit: sriram bala via flickr cc

自然療法先進国のオーストラリアでは、健康サプリメントが充実しています。店頭に並ぶサプリメントは、政府公認のものなので安全性もバッチリです。
サプリメントの種類も豊富で、妊婦さんに優しいものや肌のトラブル改善効果が期待できるなど、さまざまな効能を持ったサプリメントが展開しています。”ナチュロパス”と呼ばれる調剤士がドラックストアに駐在しており、自身の体調に合わせたサプリメントを紹介してくれるサービスもありますよ。

7.ベジマイト

Photo credit: atl10trader via flickr cc

Photo credit: atl10trader via flickr cc

国民食ともいえる塩辛い味のベジマイトは、サンドウィッチやトーストに塗る野菜のペーストのこと。オーストラリアやニュージーランドの調味料として有名で、オーストラリア土産としてこのベジマイトを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
個性的な味のため、好みは分かれるかもしれません。なかにはベジマイト特有の味を忠実に再現したベジマイト味のポテトチップスも販売されています。挑戦の意味も込めて、お土産に友達とシェアしながら食べてみてはいかが?  

8.アボリジニアート

Photo credit: mi) via flickr cc

Photo credit: mi) via flickr cc

アボリジニアートとは、オーストラリア先住民族のアボリジニによる色彩鮮やかな点描画や樹皮画のこと。これらのアートは、情報伝達手段として幾何学模様の表現技法を利用し描いたことが起源とされています。
動植物のような人々に密接な関わりを持つ事柄を表現しており、その絵画からはオーストラリアの歴史と自然の力を連想させてくれます。色彩豊かな点描画には定評があり、民芸品として観光客にも広く知られたお土産です。

9.ハンドソープ

出典: 楽天

出典: 楽天

値段が比較的安く、お土産としておすすめなのがハンドソープです。香りの種類が豊富なハンドソープは、メルボルンのスーパーマーケットやドラッグストアなどで販売されています。
果物、野菜、アロマなどハンドソープに使用する素材も多岐に渡り、自分好みの香りを探してみるのも楽しみの1つ。値段もリーズナブルな商品が多いので、複数購入して友人にお土産として配るのもおすすめです。

10.オパール

Photo credit: Jessica Rabbit's Flickr via flickr cc

Photo credit: Jessica Rabbit’s Flickr via flickr cc

オーストラリアは、オパールの生産量で世界シェアNo.1の95%を誇ります。乳白色のオパールは、光に当たると虹色に輝く宝石で、先住民アボリジニによれば、オパールの輝きは地上に虹が落ちてきたときに生まれたものであると言い伝えられています。
オーストラリアの各都市では、生産量が多いことから良質なオパールを低価格で購入することができます。メルボルンを訪れる際は、大切な人へのプレゼントしてオパールを購入するのも良いですね。 

11.ミラクルストローシッパー

Photo credit:  Aslak Raanes via flickr cc

Photo credit:
Aslak Raanes via flickr cc

ミラクルストロージッパーとは、小さな味付きの粒が詰まったストローのこと。このストローで牛乳を飲むと中の粒が溶け出し、チョコレートやイチゴ風味を味わうことができます。
2005年にオーストラリアで発売以降、世界65か国で販売されている超人気商品。人工甘味料や防腐剤が使用されていないので、小さなお子様も安心して飲むことができるますよ。

12.アンザック ビスケット

出典: 楽天

出典: 楽天

アンザックビスケットとは、オートミールとココナッツの風味が特徴のビスケット。第一次世界大戦時に出兵していた夫に妻が焼いたビスケットが起源とされ、栄養価が高く、日持ちするクッキーとして人気を集めています。
ザクザクとした歯ごたえが特徴のアンザックビスケットは、オーストラリアの家庭の味として幅広い年代層に親しまれています。メルボルンのスーパーマーケットでも1枚単位で販売されているので、気軽に購入可能なお土産と言えるでしょう。

13.オーストラリア産ビール

Photo credit: Jes via flickr cc

Photo credit: Jes via flickr cc

海外旅行の醍醐味と言えば、ご当地ビール。オーストラリア産ビールには、ラガー(辛口)、ビター(苦味)、スタウト(黒ビール)などの種類があります。
メルボルンのあるビクトリア州原産のご当地ビールとして有名なのが、すっきりとクセが少ないフォスターズ(FOSTER’S)、特徴的な苦みを持つビクトリアビター(Victoria Bitter)、クリーミーな細かい泡が特徴のクラウンラガー(Crown Lager)の3種類。メルボルンを訪れる際は、ぜひ現地のビールを飲み比べてみたいですね。

14.MOZIの動物モチーフ雑貨

モジ(MOZI)は、メルボルン出身のティプラー姉妹が2005年に創設したキッチンブランド。キッチンブランドとして展開されている商品は、姉妹に馴染みあるオーストラリアの動物がモチーフになった雑貨などが販売されています。
親子でお揃いのエプロンやプレート、マグカップなど日常使いのキッチン用品だけでなく、エコバックや雨靴などもラインナップも豊富! 鮮やかな色の商品が多く展開しているので、キッチン回りを華やかにしてくれるお土産として人気です。

15.ティーツリーオイル

出典: 楽天

出典: 楽天

ティーツリーオイルは、各家庭に常備されているともいわれる万能オイルのこと。天然100%のオイルは殺菌力が極めて高く、消毒液として使用すれば皮膚トラブルや風邪などの感染症に効果が期待できると言われています。
また清涼感のある香りから、アロマオイルとして販売されているものも。メルボルンではリーズナブルな値段で小さなビンに入ったオイルが販売されているので、帰りの荷物にすっぽりと収まるお土産としておすすめです。

16.エコバッグ

Photo credit:RO STOFFE via flickr cc

Photo credit:RO STOFFE via flickr cc

ショッピング時にあると便利かつ環境にも優しいエコバック。オーストラリアでは安くてかわいいデザインのものなど、種類豊富なエコバッグが展開しています。
キャンバス地や麻素材など、エコバッグに使っている素材もさまざま。シーズンごとに新しいデザインが生み出されるなど、人と違ったデザインのエコバックを持ちたいという方にもおすすめです。ぜひメルボルンでエコバッグを購入して、日常生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

17.オーストラリア産ハチミツ

出典: 楽天

出典: 楽天

オーストラリアは、実ははちみつ生産国としても有名な国。コアラが好むとして知られるユーカリですが、ユーカリから採取できるハチミツが有名です。
ほかにも無添加のオーガニックハチミツなど、健康にこだわった商品も展開しています。メルボルンのスーパーマーケットやマーケットなどで購入可能なので、ぜひチェックしてみてください。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。