ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

思い切り味わいたい!日本酒が楽しめる名店3店

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

関東でも初雪が降り、日本酒の美味しい季節が到来した。そこで今回は、東京近郊の、日本酒が心行くまで楽しめるお店を3つピックアップ。日本酒を傾けながら、冬の夜をしっぽりと過ごしてみてはいかが?


1.【新橋】「日本酒バル 蔵のや 新橋店」
まず注目したいのが、日本酒とウ二料理が堪能できるこのお店。日本酒は、全国から厳選して仕入れた35種以上が時間無制限(金・日・祝前日は2時間制)で飲み放題。女性に人気の「スパークリング日本酒」や、珍しい「ワイン樽貯蔵日本酒」など幅広い銘柄を取り揃えている。ウニ料理は、ローストした牛肉にたっぷりのウニをのせた大人気の「うにく」のほか、「ウニと湯葉のジュレ」「たっぷりウニの土鍋ごはん」の3品。どれも日本酒との相性ばっちりで、日本酒の旨味をさらに引き立たせてくれる。


2.【麻布十番】「和食バル 日本酒原価酒蔵 麻布十番店」
“日本酒が原価で飲める居酒屋”として今注目大なのが、12月7日(水)オープン予定のこのお店。2015年4月の新橋本店オープン以来7店目で、「獺祭」などプレミア銘柄の日本酒が300円台から楽しめる。日本酒だけではなく、「霧島豚のしゃぶしゃぶ」、「ウニとイクラの温泉卵」など、フードメニューにもこだわり、現在までの6店舗ではなんとリピート率40%超!オトナな忘年会や新年会でも重宝しそう。


3.【横浜馬車道】「日本酒セルフSAKE SPOT」
次もニューオープンのお店をチェックしておこう。11月15日(火)に横浜馬車道にオープンしたのが、100種類の日本酒が時間無制限飲み放題、おつまみ持ち込み自由のこのお店。3000円(税別)で、店内3台の冷蔵ショーケースに入った日本酒がすべて飲み放題、しかも営業時間内であれば時間無制限で楽しめる。ほかにも、十四代・而今・飛露喜・新政などの超プレミア日本酒も1杯は無料、その他ポイントや原価でもいただける。日本酒好きには垂涎もののお店の誕生だ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。