体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【タベアルキスト】食体験ミッション「ラテ・アートでキュンキュンしたい!」~実際に作ったら、もっと好きになった!vol.4~

グルメ
f:id:tabearukist:20161031163530j:plain

みなさん、こんにちは! メシ通レポーターのタベアルキストSatoviです。食体験ミッションでは、私たちタベアルキストが様々な食の体験にチャレンジ、その体験レポートをみなさんにお届けしようという体当たり企画です。 体験内容はメンバーもジャンルも多岐に渡る予定ですので、楽しみにしていてくださいね。

ラテ・アートってそもそもどんなもの?

さて、第4回目のミッションは「ラテ・アートでキュンキュンしたい!」です。

今回はバリスタ若生氏の技を盗むべく、潜入調査のミッション開始です。

ラテ・アートとはエスプレッソに細かく泡立てたラテ(ミルク)を注ぎ、表面に模様や絵をデザインすることを総称していいます。ミルクを注ぐ時の流れを使って模様を描いたり、ピック(爪楊枝状の道具)やココアパウダー、チョコソースなどを使って自由に絵を描いたり、最近では立体的にミルクの泡を使って表現する3Dラテ・アートなど、手法も様々に進化しているようです。

f:id:tabearukist:20161128125516j:plain

こちらは恵比寿の路地奥に佇む洒落たイタリアン、若生氏がオーナーの「オステリアバール・ヴィア・ポカポカ」。エミリア・ロマーニャとフリウリ・ヴェネツィアジューリアという、北イタリアの二つの地方料理にこだわったお店です。

今回はこちらのお店のもう一つのこだわりである「カフェ」に注目して、バリスタ草分けの若生氏にラテ・アートの世界をいろいろ教えていただきます。

f:id:tabearukist:20161128124708j:plain

20年前、絵が描かれたコーヒーにビックリ!

若生氏がエスプレッソに出会ったのは今から20年前。まだ国内ではほとんどその存在が知られていなかった時代に、初めて飲んだエスプレッソがあまりにも美味しかったそうです。それまで知っていたドリップコーヒーとは全くの別物、まるでコーヒーキャラメルのように感じたとか。さらにはミルクをハートの形に注ぎ、そこに文字を描いたカプチーノを見せられ「これはすごい!!」と本当に驚いたそうです。

1 2 3 4 5 6次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会