ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

モーツァルト没後225年記念200枚組ボックス・セットが2016年の意外な記録を達成

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
モーツァルト没後225年記念200枚組ボックス・セットが2016年の意外な記録を達成

 2016年に最も売れたCDのアーティストは歌わない。ギターも演奏しないし、ツアーもしない。それどころか、彼を実際に見た人はこの世に存在しない。

 トリビア問題として今後人気になりそうなこの奇妙な謎の答えは、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト。今年最も売れたCDは、モーツァルト没後225年を記念してリリースされた巨大ボックス・セット、『モーツァルト新大全集/Mozart 225: The New Complete Edition』だった。

 このコレクションは色々な意味で圧倒的で、世界を代表するソリスト600人と60のオーケストラによるモーツァルトの全作品、約240時間の演奏を収録したCD200枚に、解説やエッセイなどを収めたハードカバー本2冊などがセットになっている。

 『モーツァルト新大全集』が2016年10月28日にリリースされてから5週間で125万枚のCDが動いているとユニバーサル・ミュージック・グループ(UMG)が発表しており、これはおよそ6,250セットが売れている計算になる。

 同社はこのプロジェクトを2016年8月下旬に発表した。キュレーションとプランニングに18か月費やしたこのコレクションについて同社は「一人の作曲家の作品をフィーチャーしたボックス・セットとしては最も信頼でき、完全で、かつ学術的なものである」と断言している。

 『モーツァルト新大全集』のディレクター、UMGのポール・モーズリー (Paul Moseley)は、「何年もの研究、プランニング、そしてキュレーションの賜物であるこのボックス・セットに対する反響を嬉しく思っている。モーツァルトの不朽の旋律はビートルズやABBA同様、何らかの形で私たちの生活の一部になっていて、それをパーフェクトな形で彼の没後225年に祝うことができたと思う」とコメントした。

◎Mozart 225: The New Complete Edition – Official Unboxing Video
https://youtu.be/x6m-X0XfOOg

関連記事リンク(外部サイト)

石田衣良 モーツァルトの魅力を語る新書発売
【ビルボード】勢い衰えずブルーノ・マーズが洋楽チャート8週目首位、「恋人たちのクリスマス」がデジタル・セールス洋楽勢1位
あの悲しみの春からもうすぐ1年――プリンス初主演映画『プリンス パープル・レイン』一夜限りのライヴ絶響上映決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。