ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

永六輔、唯一のアルバム復刻で“六・八コンビ”が蘇る

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

永六輔、唯一のアルバム復刻で“六・八コンビ”が蘇る
 世界中で大ヒットした「上を向いて歩こう」などの名曲を数多く世に送り出した永六輔が、デビュー・アルバムにして唯一のLP『六輔その世界 生きているということは』の復刻CD化が決定した。
 放送作家の草分け的存在であり、タレント、作家、作詞家としても活躍、特に作詞家としては、作曲家・中村八大との「六・八」コンビで、「上を向いて歩こう」「黄昏のビギン」など多くのヒット曲を生み出した。
 12月28日に復刻CD化されるのは、永六輔が1974年に新人歌手としてリリースしたデビュー・アルバムにして唯一のLP『六輔その世界 生きているということは』。今回は、4曲のボーナス・トラックが追加された『+4』として復刻し、歌手・永六輔の作品がこの1枚にすべて網羅されている。収録曲は全曲永六輔・中村八大コンビによるもの(ボーナス・トラックを除く)で、発売当時は「おなじみの六・八コンビが復活!」ということで大きな話題を呼んだ。ヒット曲の他にも「生きているということは」などの次世代に残したい名曲が収録されている。

◎リリース情報
『六輔その世界 生きているということは+4』
2016/12/28(水)Release
UPCY-7226 /1,800円(Tax Out)

関連記事リンク(外部サイト)

さだまさし『永縁~さだまさし 永六輔を歌う~』より秘蔵の名曲「生きるものの歌」MV公開
『水曜歌謡祭』名曲「上を向いて歩こう」レア・カヴァーから00年代の歌姫ナンバーまで昭和~平成の音楽シーンを網羅した充実の2時間SP
1963年6月15日、坂本九「SUKIYAKI」が米ビルボードチャートにて1位を獲得

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。