ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

早く治る! ちょっとした切り傷の最新の治し方がすごい

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

早く治る! ちょっとした切り傷の最新の治し方がすごい

うっかりできてしまった擦り傷や切り傷。まずは消毒して絆創膏やガーゼを貼るのが定番ですよね。フーフーして傷口を乾かしたりも。でもこれらが「傷を治りづらく」しているとしたら? 今までの常識を覆す傷の治し方「湿潤療法」について調べてみました。

従来の治療法は逆効果だった!?

私たちが子供の頃は、転んで傷を作るとマキロンやオキシフルで消毒してから絆創膏やガーゼを貼る治療法が常識でした。もっと昔は赤チンキを塗っておけば治るなんて言われたこともあったそうです。
これは傷口にバイ菌が入って化膿しないようにするための処置のようですが、これらの処置は逆効果で傷の治りを遅くしているんです。痛みもあるし、傷跡も残りやすいそうです。現代の傷のケアは「治りやすく跡が残らない」ものにシフトしてきています。

アスリートも使う湿潤療法とは

傷が治るには、血液を固めて止血し、死んだ細胞を除去し、傷口をくっつけ、新しい皮膚で覆うという工程が必要です。これらを行うためには様々な細胞が傷口に集まって仕事をしますが、必要な細胞を傷口に呼び寄せる役割を果たすのが「細胞成長因子」です。
傷を放っておくと傷口がジクジクしてきますが、この浸出液には細胞成長因子が豊富に含まれているのです。浸出液で傷口を満たすことで細胞の回復を早める方法を「湿潤療法」といいます。
消毒したりガーゼを貼るという処置は、この細胞成長因子を壊し吸い取ってしまうことになるため、治りが遅くなってしまうんです。傷が多い格闘家やアスリートが使う創傷処置も湿潤療法だそうですよ。

傷を早くきれいに直すには

昔からある民間療法に、傷口にアロエの葉をつけておくというのがあります。アロエには鎮痛や細菌の繁殖を阻止する効果、傷の治癒効果があるのですが、あのネバネバした肉厚の葉が傷口を覆って乾燥しないようにしているから治りが早いんですね。
傷口は水で洗ってから白色ワセリンを塗り、食品用ラップで覆います。ラップは1日に2~3回程度交換します。傷口のジクジクはできるだけ触らず、ラップ交換の際に水で洗うようにすればOK。今は薬局でも湿潤療法用の絆創膏が売っているので使ってみるとよいでしょう。

湿潤療法は、切り傷や擦り傷以外にやけどにも有効とのこと。ただし、動物に噛まれた傷、傷口に破片等が残っている場合、出血が止まらない場合、傷が深い場合などは皮膚科や外科を受診すべき。
傷口を消毒しない、ガーゼを貼らない、水で洗う、乾燥させない、これを守ることで跡が残りにくく早く治る最新の処置方法。機会があれば試してみたいですよね!

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。