ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

これぞお酒のためのたまご焼き! 西の主夫代表 かめきちパパの「くるっと海苔明太のたまご焼き」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

f:id:kamekichipapa:20161201134726j:plain

料理の腕がバレる!? 意外にハードル高い「たまご焼き」

簡単そうで、作ってみると意外にハードルが高い「たまご焼き」。きれいに焼くのはもちろんのこと、味付けもなかなか決まらないものです。

そんな時は入れる材料で味を決めていただきましょう! ということで今回は明太子と焼き海苔の登場。明太子の塩分と辛み、そして焼き海苔の風味が卵と重なってしっかりした味付けになりますよ。明太子は火を通しすぎずに少しレアな状態で仕上げるのが美味しさの秘訣です。

かめきちパパの「くるっと海苔明太のたまご焼き」

【材料】(2人分)

卵 2個 焼き海苔(手巻き用) 1枚 明太子 1腹(20g) サラダ油 適量

作り方

f:id:kamekichipapa:20161126153344j:plain

1. ボウルに卵を割り入れて、箸で卵を切るようにして溶きます。

f:id:kamekichipapa:20161126153525j:plain

2. 明太子は包丁の背の部分を使って薄皮を取り除きほぐしておきます。すでに中身だけになっているチューブタイプのものなどを使ってもOK。

f:id:kamekichipapa:20161126153733j:plain

3. 熱した卵焼き器に薄く油を塗ります。まず半分の量の卵を流し入れて、焼き海苔、明太子をのせて手前に向けてくるくると端から巻きます。残りの卵は2~3回に分けて、空いたスペースに流し入れて焼いたら最初の卵を巻き…… を繰り返したら出来上がりです。

2重、3重と巻いていくときには、

→焼けた卵は常に卵焼き器の向こう端に置く

→焼けた卵の端を持ち上げ、その下にも卵液を流し込む

→常に手前に向けて巻いていく(箸ではなくフライ返しを使う手もあり)

と断然、巻きやすいです。試してみてください。

日本酒にあう! 焼酎がすすむ!

f:id:kamekichipapa:20161126154511j:plain

海苔は味付け海苔で代用もできますよ。少し味が濃くなるので量は少な目で。

居酒屋さんでの定番のたまご焼きも美味しいですが、自分で作るお手軽簡単な「たまご焼き」。キレイに巻けたときには「お、料理うまくなったんちゃうか!」なんてニヤリとしますよ!

作った人:かめきちパパ

かめきちパパ

調理師免許と食育アドバイザーをもつ主夫。うるさいお姫様2名と「お弁当・命!」の嫁さんとの4人暮らし。ご飯のおかずからお酒の肴まで和・洋・中なんでも作ります。「楽しく作って、楽しく食べる」そんな楽ウマ料理を楽しんでいます。 ブログ:SAKE TO RYOURI レシピブログ:かめきちパパさんのmyレシピブック

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍する人気ブロガーをはじめ16,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など90万件のお料理レシピを無料で検索できる。 ホームページ:レシピブログ Instagram:@cookingram.jp Facebook:@comu.recipeblog

関連記事リンク(外部サイト)

みんな大好きエビマヨ! 西の主夫代表 かめきちパパの「パパッとおつまみ海老マヨコーン」
あの卵焼き鍋におまかせ! 西の主夫代表 かめきちパパの「関西名物簡単イカ焼き」
おひとり様歓迎! 西の主夫代表 かめきちパパの「おひとり様豚キムチーズ鍋」

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。