ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

あの悲しみの春からもうすぐ1年――プリンス初主演映画『プリンス パープル・レイン』一夜限りのライヴ絶響上映決定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
あの悲しみの春からもうすぐ1年――プリンス初主演映画『プリンス パープル・レイン』一夜限りのライヴ絶響上映決定

 2016年4月21日に急逝したプリンス。あれから約1年後にあたる2017年2月、プリンスの初主演映画『プリンス パープル・レイン』(84)が、東京と大阪のZeppにて一夜限りのライヴ絶響上映が実施される。

映画『プリンス パープル・レイン』ビジュアル

 本作は、プリンスが下積み時代のサクセス・ストーリーを自ら演じた自伝的青春映画。劇中ではプリンス自身を投影したミュージシャン、キッドの物語が語られ、親との葛藤や恋人との切ない別れなど悩める一人のミュージシャンが愛と夢を求めて、傷つき挫折しながらもスーパースターへの道を歩む姿が描かれる。公開当時、第57回アカデミー賞(R)では歌曲・編曲賞受賞し、プリンスを世界的な大スターに押し上げた。ザ・レヴォリューションやモーリス・デイ率いるザ・タイム、アポロニアなど“プリンス・ファミリー”が総出演しているほか、終盤の「パープル・レイン」などプリンスの地元ミネアポリスで収録されたライブも大きな見せ場となる。

 同名のプリンス・アンド・ザ・レヴォリューションによるオリジナル・サウンドトラックは、第27回グラミー賞の最優秀映画・TV作曲賞受賞作で、発表初週に100万枚を売り上げたほか、24週に渡りビルボードチャート1位に君臨し続け、まさしくプリンスの代表作となった。劇中の演奏曲は「レッツ・ゴー・クレイジー」(全米1位)「ビートに抱かれて」(全米1位)「パープル・レイン」(全米2位) 「ダイ・フォー・ユー」(全米8位)「テイク・ミー・ウィズ・U」(全米25位)を始め、“プリンス・ファミリー”の一員であるザ・タイム「ジャングル・ラブ」「ザ・バード」、そしてアポロニア6「SEXシューター」など全12曲。なお、「ビートに抱かれて」は全米ビルボード年間シングルチャートでも1位を獲得している。

 2017年にはアルバム『パープル・レイン』のデラックス・エディションがされるという噂もあり、本イベントはそれに先駆ける形で行われる“殿下祭”。ZeppのライヴPA音響システムを使っての圧倒的な音圧と大音量、4K対応のハイスペックな映写と、15m×9mの巨大スクリーンでデジタル・リマスタリングされた映像を観ながら、スタンディングで絶唱しながら踊ったりと、ライブを観てる様な醍醐味を味わうことができる。

◎プリンス1周忌直前、映画『プリンス パープル・レイン』一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp東阪
2017年2月20日(月) Zepp DiverCity(TOKYO)、Zepp Namba(OSAKA)
開場 18:30 / 開演 19:30
<チケット>
プレオーダー(抽選):2016年12月7日(水)12:00~12月25日(日)23:59
URL:http://bit.ly/2gftpFQ(PC、モバイル共通)
前売価格:指定席券 2,999円(tax in.) / スタンディング 1,999円(tax in.)
当日窓口:指定席券 3,500円(tax in.)/スタンディング2,500円(tax in.)
※入場者特典付(先着での配布。配布はなくなり次第終了)
※ご入場時に、別途ワンドリンク+500円。

◎映画『プリンス パープル・レイン』
1984年/111分/アメリカ/ビスタサイズ/BD/2ch/日本語字幕
原題|PRINCE PURPLE RAIN
監督:アルバート・マグノーリ
製作:ロバート・カヴァロ ジョゼフ・ラファロ スティーヴン・ファーグノリ
脚本:アルバート・マグノーリ ウィリアム・ブリン
撮影:ドナルド・E・ソーリン
音楽:プリンス ミシェル・コロンビエ
出演:プリンス アポロニア・コテロ モリス・デイ オルガ・カルラトス クラレンス・ウィリアムズ三世 ジェローム・ベントン
ビリー・スパークス ウェンディ・メルヴォワン リサ・コールマン ザ・レヴォリューション
(C) 1984 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

<映画収録曲 >
01.レッツ・ゴー・クレイジー/プリンス&ザ・レボリューション
02.ジャングル・ラブ/ザ・タイム
03.テイク・ミー・ウィズ・ユー/プリンス&ザ・レボリューション
04.ザ・ビューティフル・ワンズ/プリンス&ザ・レボリューション
05.ビートに抱かれて/プリンス&ザ・レボリューション
06.コンピューター・ブルー/プリンス&ザ・レボリューション
07.ダーリン・ニッキー/プリンス&ザ・レボリューション
08.SEXシューター/アポロニア6
09.ザ・バード/ザ・タイム
10.パープル・レイン/プリンス&ザ・レボリューション
11.ダイ・フォー・ユー/プリンス&ザ・レボリューション
12.ベイビー・アイム・ア・スター/プリンス&ザ・レボリューション

関連記事リンク(外部サイト)

プリンスの遺産額が約228億円と判明
プリンスの新作ドキュメンタリーが2017年に公開予定、ボノ/ミック・ジャガー/シーラ・Eなど出演
プリンスの命日にペイズリー・パークで【Celebration 2017】開催、歴代のバック・バンドが出演

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。