ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【米ビルボード・ソング・チャート】「ブラック・ビートルズ」旋風止まらず4週目首位、5Hカミラのデュエット曲がTOP20初ランクイン

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【米ビルボード・ソング・チャート】「ブラック・ビートルズ」旋風止まらず4週目首位、5Hカミラのデュエット曲がTOP20初ランクイン

 ザ・ウィークエンドをかわし、レイ・シュリマーの「ブラック・ビートルズ feat.グッチ・メイン」が、4週目の首位獲得を果たした、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 今週のアルバム・チャートで、2作連続の首位デビューを果たした、ザ・ウィークエンドの新作『スターボーイ』。本作からの先行シングル「スターボーイ」が、アルバムのプロモーション効果を受けてNo.1を獲得すると予想されていたが、ポイントは大きく伸ばしたものの、首位を独走するレイ・シュリマーの「ブラック・ビートルズ」には敵わず、2位に停滞した。

 しかし、本作『スターボーイ』からは、先週の39位から16位に急上昇した「パーティー・モンスター」他、TOP100位内に、アルバムに収録されている全18タイトルがランクインしている。4月にリリースされ、12週の首位をマークしたドレイクの新作『ヴューズ』も、アルバムの初登場週には、収録曲全曲が100位内にランクインした。これらは、アルバム収録曲の視聴回数(ストリーミング・ポイント)によるもので、特に若層から支持されているアーティストの新作には、ここ最近よく見られる現象だ。

 先週の28位から17位へ、自身初のTOP20入りを果たしたのは、オハイオ州出身の白人系ラッパー、マシン・ガン・ケリーと、大人気ガールズグループ、フィフス・ハーモニーのメンバー、カミラ・カベロのデュエット曲「バッド・シングス」。男女のすれ違う恋模様を描いたナンバーで、テレビ番組の出演などを受け、デジタル・セールスやオーディオ・ビデオの視聴回数が、一気に上昇した。また、12月1日には2人が絡み合うミュージック・ビデオが公開されたばかりで、次週はこのビデオのストリーミング・ポイントの上昇により、さらにランクアップすることが予想される。

 その他、下位から上昇しているのは、ドレイクの新曲「フェイク・ラブ」(11位)や、アレッシア・カーラの「スカーズ・トゥ・ユア・ビューティフル」(15位)、シーアとケンドリック・ラマーのコラボ曲「ザ・グレイテスト」(18位)など。2016年、大活躍だったリアーナの新曲「ラヴ・オン・ザ・ブレイン」は、順調にランキングを伸ばし、今週30位まで到達している。

 クリスマス・シーズンになると毎年ランクインする、マライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」は、今年も23位にリ・エントリーを果たした。1994年のリリースから22年連続でランクインし続け、ワールド・セールスは1400万枚を突破している。また、この曲が収録されているアルバム『メリー・クリスマス』も、先週の83位から39位へ、一気に順位を伸ばした。

 自身2作目のクリスマス・アルバム『ペンタトニックス・クリスマス』(今週2位)が絶好調のペンタトニックスは、アルバムからの先行シングル「ハレルヤ」が先週の65位から56位に上昇。クリスマス本番を迎え、マライア、ペンタトニックス共に、次週はさらにランクアップするだろう。その他にも、新旧問わず、ホリデー・シーズンならではの楽曲がランクインするかもしれない。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、7日22時以降となります。

◎【Hot100】トップ10
1位「ブラック・ビートルズ」レイ・シュリマー feat.グッチ・メイン
2位「スターボーイ」ザ・ウィークエンド feat.ダフト・パンク
3位「クローサー」ザ・チェインスモーカーズ feat.ホールジー
4位「サイド・トゥ・サイド」アリアナ・グランデ feat.ニッキー・ミナージュ
5位「24K・マジック」ブルーノ・マーズ
6位「ジュジュ・オン・ダット・ビート」ゼイ・ヒルフィガー&ゼイオン・マッコール
7位「レット・ミー・ラブ・ユー」DJスネーク feat.ジャスティン・ビーバー
8位「ドント・ワナ・ノウ」マルーン5 feat.ケンドリック・ラマー
9位「ヒーゼンズ」トゥエンティ・ワン・パイロッツ
10位「ブロッコリー」D.R.A.M.

関連記事リンク(外部サイト)

12月17日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
12月17日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
【米ビルボード・チャート】レイ・シュリマーが4週目の首位、収録曲すべてがチャートインしたザ・ウィークエンドはALチャート初登場1位(12/17付)

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。