ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・アルバム・チャート】ザ・ウィークエンドが2作連続の首位デビュー、ペンタトニックスのホリデー・アルバム2作がTOP10に

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【米ビルボード・アルバム・チャート】ザ・ウィークエンドが2作連続の首位デビュー、ペンタトニックスのホリデー・アルバム2作がTOP10に

 R&Bシンガー、ザ・ウィークエンドの新作『スターボーイ』が、2作連続の首位デビューを果たした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 本作『スターボーイ』は、2015年夏にリリースされた『ビューティー・ビハインド・ザ・マッドネス』に続く、およそ1年ぶり、通算3作目のスタジオ・アルバム。前作からは、「ザ・ヒルズ」、「キャント・フィール・マイ・フェイス」の2曲がNo.1を獲得し、ザ・ウィークエンドの知名度を一気に高めた。その影響もあり、本作からの先行シングル「スターボーイ」(今週2位)含め、アルバムに収録されている全18曲が今週のソング・チャートにランクインする快挙を成し遂げた。アルバム収録曲の視聴回数が好調だったこともあり、実売(ダウンロード数)は20万枚程度だったが、ストリーミング・ポイント分を加算すると、348,000枚という高セールスを記録。2位以下と大きく差をつけ、堂々の首位獲得となった。

 今週は、クリスマス・アルバムが続々とランクアップしている。

 まず、2位にはアカペラ・グループ、ペンタトニックスの『ペンタトニックス・クリスマス』がランクイン。週間セールス13万枚を突破し、先週の4位から2位へ、最高位を更新した。また、2014年にリリースしたホリデー・アルバム第一弾『ザッツ・クリスマス・トゥ・ミー』も、先週の12位から7位へ、再びTOP10入りを果たしている。

 2011年にリリースされた、マイケル・ブーブレの『クリスマス』は、先週の19位から8位へ、6年連続でTOP10入りを果たした。アメリカだけで380万枚を売り上げている本作、ワールドセールスは間もなく1000万枚を突破する。

 14位には、カントリー・シンガー、ガース・ブルックスとトリシャ・ヤーウッド夫妻の『クリスマス・トゥギャザー』がランクイン。ガース・ブルックスの新作『ガンスリンガー』(今週25位)とセットになったボックス・セットも、先週の134位から21位へ、一気に順位を伸ばした。シンガーソングライターのクリス・トムリンによるクリスマス・アルバム『クリスマス・ソングス・オブ・ワーシップ』も、63位から26位へ、急上昇している。

 その他には、クリスマス・アルバムの定番中の定番となった、マライア・キャリーの『メリー・クリスマス』(1994年)が39位までランクアップするなど、200位内、39作のクリスマス・アルバムがランクインするという、ホリデー・シーズンらしいランキングとなった。

 ディズニー映画の最新作、『モアナと伝説の海』のサウンドトラック盤は、先週の16位から5位へ順位を伸ばし、登場2週目にしてTOP10入りを果たした。クリスマス・シーズンは映画の興行収入が伸びるため、おそらく本作の売上(順位)も、次週以降さらに伸びることが予想される。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、7日22時以降となります。

◎【Hot200】トップ10
1位『スターボーイ』ザ・ウィークエンド
2位『ペンタトニックス・クリスマス』ペンタトニックス
3位『ハードワイアード…トゥ・セルフディストラクト』メタリカ
4位『24K・カラット』ブルーノ・マーズ
5位『モアナと伝説の海』サウンドトラック
6位『トロールズ』サウンドトラック
7位『ザッツ・クリスマス・トゥ・ミー』ペンタトニックス
8位『クリスマス』マイケル・ブーブレ
9位『ザ・ウェイト・オブ・ジーズ・ウィングス』ミランダ・ランバート
10位『ハミルトン』サウンドトラック

関連記事リンク(外部サイト)

12月17日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
12月17日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
【米ビルボード・チャート】レイ・シュリマーが4週目の首位、収録曲すべてがチャートインしたザ・ウィークエンドはALチャート初登場1位(12/17付)

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。