体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

EXILE ATSUSHI、ソロ史上初の6大ドームツアーから東京ドーム公演を豪華ゲストも含め完全映像化

EXILE ATSUSHI、ソロ史上初の6大ドームツアーから東京ドーム公演を豪華ゲストも含め完全映像化

2016年8月27日、28日に行われたEXILE ATSUSHIの東京ドーム公演。この模様を、豪華ゲストも含めて完全収録した「EXILE ATSUSHI LIVE TOUR 2016 “IT’S SHOW TIME!!”」LIVE DVD & Blu-rayが、2017年2月15日に発売されることが決定した。

本作品はソロアーティストとして史上初の6大ドームツアーの東京ドーム公演を完全収録している。

ATSUSHI自身が「アーティストとしてデビューして15年、“とうとうここまで来ることができたんだな”と、ひとつの節目として実感することができた」と語る自身初のドームツアーで意識したのは「視覚的なものよりも、音楽にこだわって歌を届けること」。デビュー以来音楽への情熱を絶やさず、常に挑戦を続けてきたATSUSHIだからこそ実現できた珠玉のライブステージとなっている。

本ドームツアーではこれまでもステージを共にしてきたバンドメンバーに、ホーン隊、ストリングス隊、コーラス隊を加え、総勢40名のミュージシャンから成るビッグバンドを結成。生楽器の音にこだわり、このツアーでしか見ることのできない超豪華なステージングを披露。ATSUSHI自身が「今回は自分でも初めての40人編成のビッグバンドで、みなさんに本物の音楽をご提供する事ができるのではないかと興奮しています。超一流のミュージシャン達と一緒に音楽をお届けできることに本当に幸せを感じています。」と語った通り、そのメンバーは国内の超一流ミュージシャン揃い。世界にその名を馳せる唯一無二のトランペッターであるエリック・ミヤシロや、ヤッシャ・ハイフェッツ国際ヴァイオリンコンクールで日本人唯一の入賞歴のあるヴァイオリン奏者・上里はな子などが参加している。ATSUSHIの美声と極上のバンド演奏がハーモニーを奏でる至極のライブ・サウンドも見所のひとつだ。

またドームツアー初日に結成を発表したATSUSHI新バンド「RED DIAMOND DOGS」の初披露の模様や中島みゆき「糸」、小田和正「言葉にできない」、サザンオールスターズ「慕情」、斉藤和義「歩いて帰ろう」などJ-POPのカヴァーをはじめ、美空ひばり「川の流れのように」「愛燦燦」といった昭和の名曲、さらにJAZZのスタンダード・ナンバーである「All of Me」「Smoke Gets In Your Eyes」まで、バラエティに富んだ楽曲を豪華なビッグバンドが奏でる生演奏に乗せて歌い上げており、ATSUSHIの音楽性の幅広さも楽しめる内容となっている。

そして、ボーイズ・II・メン、加山雄三、清木場俊介とATSUSHIの夢の共演ライブも完全収録している。

ATSUSHIの音楽性に大きな影響を与えた存在であり、世界中を魅了してきた偉大なるコーラスグループ、ボーイズ・II・メンとは、7年ぶりにライブステージでの共演が実現。世界的ヒット曲である「ON BENDED KNEE」「END OF THE ROAD」の2曲を圧倒的な歌唱力で披露したのち、英語詞を交えてEXILEの「One love」を歌唱するサプライズも。

番組での共演を機に親交を深め、ATSUSHIが“ジャパニーズ・フランク・シナトラ”と呼び敬愛する加山雄三とは、色褪せる事のない名曲「君といつまでも」と「MY WAY」を歌唱。厚く、会場が震える程の声量で歌声を響かせた昭和の大スターの圧倒的な存在感に、会場は聴き入り、やがて歓声に包まれる。

そして、遂に実現した清木場俊介との10年ぶりの夢の共演。ATSUSHIに呼び込まれた清木場が登場すると、誰もが予想しなかったサプライズにファンは歓喜の声を上げて応じる。

一気に会場のボルテージが沸点に達した中、EXILE初期の人気曲「羽 1/2」を歌唱。続いて披露したのは「EXILE 第一章スペシャル・メドレー」。「EXIT」に始まり、デビュー曲「Your eyes only 〜曖昧なぼくの輪郭〜」や「Carry On」「Together」「song for you」など、色褪せる事の無い名曲を次々と披露。そしてメドレーの最後には、リリースから11年の時を経て清木場とのライブ初歌唱となった「ただ…逢いたくて」を熱唱。10年振りに交わった2人の歌声、重なる視線。ステージ上の2人も、会場に埋め尽くしたファンも、感動を抑えられない。第一章時代のヒットナンバー全14曲、50分にも及ぶ奇跡のライブステージにファンは息を飲み、涙を流し、酔いしれた。

さらに、初めてのソロ・ドームツアーの舞台裏に密着したツアードキュメンタリーも収録。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。