体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どれだけオトクになるの? エコジョーズの威力

どれだけオトクになるの? エコジョーズの威力

日増しに朝晩の冷え込みが強くなり、家に帰ってからお風呂に入る時間が待ち遠しくなる季節。その至福のひとときを支える給湯器が交換時期を迎えたり、2017年4月からのガス自由化が気になっていたりで、省エネタイプの給湯器への買い替えを検討している人もいるのでは? そこで最新の給湯器に交換するとどんなメリットがあるのか調べてみた。

「エコ○○」という名称が多いが、何がどう違う?

最新の給湯機能のある設備の名称には、頭に「エコ」がついて省エネタイプであることを主張するものが多い。しかし、それが逆に「エコがついていれば、どれを選んでもいい」という誤解を生み、いざ購入の段階になって自宅に設置できないというのが分かって慌ててしまうことになりかねない。

そこで、現状「エコ」のつく給湯機能付きの設備を下記にまとめてみた(エネファームは名称に「エコ」がつかないが、給湯機能を備えた省エネ設備として取り上げている)。【画像1】「エコ」のつく給湯機能付きの設備(筆者作成)

【画像1】「エコ」のつく給湯機能付きの設備(筆者作成)

このように、給湯のみを行うのはエコジョーズとエコキュート、発電もできるのがエネファームやエコウィルだ。使用するエネルギーもエコキュートが『電気』、それ以外の3つは『ガス』と違いがあるほか、貯湯ユニットがあるかないかの違いもある。

もちろんそれぞれ高い省エネ性能を備えているのは上記のとおり。例えばエコジョーズの場合、従来品と比べて給湯だけなら年間約9000円、給湯と床暖房を組み合わせた場合は約1万4000円節約できる(※)

なお導入価格は、ガスを使う給湯設備で比べると、エコジョーズ < エコウィル < エネファームという順に高くなる。

※従来品との比較や、給湯と床暖房を使用した場合の比較は東京ガスによる試算。【試算条件】木造戸建住宅120m24人家族の一例 給湯負荷18.0GJ/年間 床暖房負荷12.7GJ/年間 ガス料金は「暖らんぷらん」家庭用ガス温水床暖房契約+エコ割(東京地区等)の平成28年9月時点の原料価格に基づく税込金額。●使用量によって節約金額は異なる。●「暖らんぷらん」等の適用は、東京ガスブランドの機器に限らない。●群馬南地区には「暖らんぷらん」等割引制度はない【画像2】図はエコジョーズと従来型給湯器との比較。従来は給湯器の外に出していた排気を使って、最初に水を温めることでお湯が沸きやすくなり、排気ロスを20%から5%に低減している(画像提供/東京ガス)

【画像2】図はエコジョーズと従来型給湯器との比較。従来は給湯器の外に出していた排気を使って、最初に水を温めることでお湯が沸きやすくなり、排気ロスを20%から5%に低減している(画像提供/東京ガス)

今の給湯器と入れ替えるなら貯湯ユニットの有無が重要に

違いが分かったところで、どれを選ぶかだが、給湯機能だけを求めるならばエコジョーズやエコキュート、発電機能も欲しいならエネファームやエコウィルということになる。

ただし、もう一つ注意したいことがある。それは貯湯ユニットの有無だ。表で示したように、エコジョーズ以外は貯湯ユニットを必要とする。一戸建てをこれから建てるのであればそのスペースをあらかじめ用意すればいいが、既存の戸建てやマンションで、すでにある給湯器に変えて導入する場合は、貯湯ユニットを設置するスペースを新たに確保する必要があるということだ。【画像3】写真はエネファームの設置イメージ。右の燃料電池ユニット・貯湯ユニットと、湯切れを防ぐバックアップ用としてエコジョーズ(左)を用いる場合の例(画像提供/東京ガス)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。