体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「好きなんよ。うちと付き合って?」方言がかわいい都道府県ランキング♡

「好きなんよ。うちと付き合って?」方言がかわいい都道府県ランキング♡

「方言女子」。こんなワード耳にした事はないでしょうか?やはり、あの独特なイントネーションが頭に残るようです。しかし、故郷の訛り(なまり)。上京する人間の悩みの種だとか、なんとか…

方言のなまりから標準語に変えることも理解は出来ます。しかし、故郷の名残を忘れてほしくはないところです。僕の独断での方言へのイメージは、「可愛い」「萌える」に随分と落ち着いています。標準女子に告白される事も大歓迎だったのですが…個人的に、敏感に反応してしまう「方言女子」の足元にも及ばぬ。というのが正直な感想です。

そこで今回、可愛いくて萌えちゃう方言、神7をまとめてみました!

 

No.1 京都弁 「好きなんよ。うちと付き合って?」

gravure_30_mika

photo by mika-rika

京都弁といえば完全なる主観になりますが、舞子さんや着物の袖を通した綺麗な女性が扱っているイメージです。「繊細な口調」や「歴史を感じさせる雰囲気」この相乗効果の京都弁は、やっぱり最強だと。やはり、ネット上ではダントツで1位表記されていました。

最初に聞いた時は関西弁とそこまで差異は感じませんでしたが、調査した結果、京都弁の方が丁寧でおしとやかな雰囲気が落ち着きをもたらしてくれる繊細さが上回っていた感じがしました。その効果からなのか断言は控えておく事にしますが、ネガティブな発言も京都弁だとポジティブに聞こえる作用もはたらくみたいです。

・「上品で色っぽい」(26歳男性/新潟県/農林・水産/技術職)
・「はんなりしていて口調が柔らかいから」(31歳男性/埼玉県/商社・卸/事務系専門職)
・「はんなりとした優しい話し方が何ともかわいらしいから」(43歳男性/東京都/機械・精密機器/技術職)

出典:news.mynavi.jp

 

 

No.2 博多弁 「ばり好いとう。付き合ってほしか」

0a9ef96c9129abdc46b7939b24df1f1a_s

photo by photo-ac

博多弁は個人的に2番目に好きな方言です。こちらも繊細さを感じますが少し京都ととのニュアンスの違った繊細さを感じました。優しさの中に愛嬌さをミックスさせた雰囲気を感じさせる博多弁は、男性から圧倒的な人気があります。

語尾の「とよ。」という発音やイントネーションの響きなど、博多弁の訛り(なまり)は特に萌えました。”女性らしさ””可愛らしさ”のポイントが集約された方言ではないでしょうか。好きな女の子が実は福岡出身で、唐突に「ずっと、好いとったとよ。」と、さりげなく告白されると返事を返す暁には失神を起こすことは間違いないでしょう。

・「博多弁で言われると、なんか惚れてしまう」(35歳男性/大阪府/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「博多弁の語尾がかわいい」(50歳以上男性/神奈川県/電機/技術職)
・「”しよっと”とかかわいらしい響きがある」(34歳男性/神奈川県/機械・精密機器/技術職)
出典:news.mynavi.jp

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。