ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

スタバのデザイナーさん私物! 目からウロコのグッズ活用術

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
記事の画像1

デザイナーさんの私物拝見 スタバグッズ活用術

スタバグッズお持ちでしょうか? 可愛いマグやスターバックスカード。普通にお財布にしまっていたり、我が家のマグとしては使っていますが、せっかくカワイイアイテム、もう少し自慢しちゃいましょう。スタバのデザイナー河上さんは、ミニカードを社員証のチャームにしたり、寄せ書きマグをペン立てに……。と、アイデア活用! 私物をみせていただきました。

集めて楽しいスターバックスコーヒーのカード


スターバックスカードは、その地域、その国でしか購入できないデザインが豊富で旅の思い出にもなる商品。通常サイズのカードと、ミニカードがあるのをご存知でしょうか。


穴の開いたミニカード。どこかにつけて携帯するのに便利といったコンセプトのカード。

ミニカードはどう使っているの? スタバのデザイナーさんのカード使い方をみせてもらいました

それにしても、この穴のついたミニカードってどうやって使っているのでしょうか?スターバックスコーヒーのタンブラーデザインを手掛ける河上さんのカードをみせてもらいました。

アレ……? 星型だ! 海外のカードは変わった形もあるんです


■韓国のスターバックスカード
海外で販売されているスターバックスカードは星型の珍しいものも!社員証につけると便利だそう。
「星型のカードは韓国で購入しました。スターバックスコーヒーが世界中にあるがゆえできる楽しみのひとつだと思います。いろんなところで、違ったグッズを集めて、お店の違いを感じてみたり。ハート型もありますね。日本だとカードリーダーなので、韓国のものはバーコードなので、自由なデザインが多いですね」と、デザイナーの河上さん。


ミニカードは、社員証につけるとインパクト大! お気に入りのミニカードをつけて。


B-SIDE店のミニカード。稲妻がピカリ。男前なデザインです。

活用方法はコレだ!


また、スターバックスのドリンクってご褒美感の高いもの。それが飲めるカードをプレゼントされると一日ハッピーに過ごせそう。メッセージを添えて……そのままプレゼントに。


バッグや、キーホルダーにもチャーム感覚で使えます。

寄せ書きマグは特別なギフト感たっぷり「寄せ書きマグカップをペン立てに使っています(デザイナー 河上さん)」

ほかにもスターバックスッグッズの活用術をご紹介。スターバックスでは歓送迎会シーズンによくこのシリーズが活用されます。自分たちで寄せ書きを書いたり、デザインをオリジナルで作れるのが特長。


■寄せ書きマグカップ(非売品)
スターバックスコーヒー、シアトルのクリエイティブチームのウェルカムサイン。非売品。


「シアトルへ行った時に、現地のクリエイティブチームが、ウェルカムプレゼントとして自分たちのネームをサインしたものをくれたんですよ。日本では販売されてないですね。マグカップをペン立てにして使っています。デザインは違えども、海外でも日本でも、メッセージを書いて渡せるものがありますよ」と、河上さん。

活用方法はコレだ!

■寄せ書きマグカップをペン立てに!
名前やメッセージを添えると、世界に一つだけのオリジナルギフトに変身。

■ステンレスクリエイトユアタンブラー[ペン付]
付属の水性ペンを使って、透明の台紙や内側のステンレスの表面にイラストやメッセージを直接描くことができます。水性ペンなので、書いたり消したりすることができ、“to doリスト”や日々のメモがわりにも。


友達にイラスト付きメッセージを添えて。喜ばれること間違いなし。


■マイスターバックスタンブラー 350ml
店舗のペーパーカップを連想させるデザインのタンブラーで、中の台紙を出し入れできます。台紙を自分でデザインしたり、みんなで寄せ書きをしたり、自分だけのお気に入りが作れるタンブラー。

いかがでしたか?

実用的なカードやマグカップ。キーチャーム・寄せ書きといったひと工夫のテクニックを加えてみて。プレゼントにも、また日常使いを華やかにするアイテムとしても参考になりますね。真似してみて。

公式サイト

スターバックス コーヒー ジャパン: Starbucks Coffee Japan
http://www.starbucks.co.jp/

※本記事はギャザリーとガジェット通信で共同制作しました。(取材・文 erini/エリーニ)

関連記事リンク(外部サイト)

可愛くなりたい女子必見♡人気の芸能人がおすすめするカラコン
新宿で幸せランチするならココ!女子会・テイクアウトOK・麺など幅広くラインナップ
【福岡ナビ】絶対食べたい!福岡絶品ご当地グルメ 最新版

ギャザリー(Gathery)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。