体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

進化形“八重山そば”ここにあり! 「平良商店」【石垣島】

f:id:mesitsu_la:20160921105020j:plain

知ってほしい、我がソウルフードを!

ハイタイ! メシ通レポーターの泡です。今回は私の故郷、沖縄は石垣島から地元グルメネタをお届けいたします。ちなみに「ハイタイ」というのは「ハイサイ(こんにちは)」の女性語です。

沖縄本島から飛行機で約1時間のところにある石垣島は、八重山諸島のメインアイランド。八重山諸島には、竹富島、西表島、小浜島、黒島、波照間島、鳩間島、与那国島が含まれます。なんとなく聞いたことのある島もありますか?

この八重山諸島で古くから地元民に愛されているソウルフードが“八重山そば”です。

蕎麦粉ではなく小麦粉で打った麺を用いる “沖縄そば”の一種でありながら、沖縄本島や宮古島のそばとは異なる個性を持っているのが特徴。

これが八重山そばだ!

①麺は細めの丸麺。

沖縄本島では、平たい麺やきしめん状に太い麺も一般的ですが、八重山そばはつるりと喉ごしのいい細めの丸麺。ただし、お店によっては平麺を使っている所もあります。

②スープは豚とカツオのダブルスープが基本。

豚骨のダシと、カツオ節でとった濃いめのダシを合わせて使います。味付けは塩がベース。クラシカルなタイプのスープは黄金色に透き通っていることが多いです。

③“ヒバーチ”という島胡椒がお供。

八重山の住宅地を歩いていると、塀や石垣に濃緑色の葉がはっているのをよく目にします。これが“ヒバーチ”と呼ばれる島胡椒で、実を乾燥させて粉末にしたものをそばの調味料として使うのも八重山そばならでは。辛味はほとんどなく、爽やかで甘やかな香りが特徴です。若葉は刻んで“じゅーしー”という沖縄風炊き込みご飯に混ぜ込むと美味。

今回ご紹介する「平良商店」は、そんな八重山そばをこよなく愛するご主人が2年前に始めたお店です。平良は「たいら」と読みます。

f:id:mesitsu_la:20160921105007j:plain

石垣市街の中心部にあるバスターミナルから東へ徒歩8分ほど。

f:id:mesitsu_la:20160921105008j:plain

ハイビスカスと猫なんていう、カメラ女子の好物的な景色を眺めつつ歩いて……。

f:id:mesitsu_la:20160921105009j:plain

昔ながらの漁港を通り過ぎればお店はもうすぐ。

f:id:mesitsu_la:20160921105010j:plain

ウッドデッキを備えた、カフェっぽい造りのお店です。

f:id:mesitsu_la:20160921105011j:plain

店内はテーブル席に加え、カウンター席もあり。

f:id:mesitsu_la:20160921105012j:plain

店主の平良誠さん。石垣市で生まれ育ち、高校生時代から小遣いで八重山そばを食べ歩いたそばラバー。市内の有名リゾートホテルで働く傍ら、趣味で八重山そばを作っては友人や同僚たちにふるまっていたのだそう。

彼らの「おいしい!」の声を励みに、「いつかは自分で商売を」という夢を実現するべく独立。2014年に「平良商店」をオープンしました。

そば店で修業などはせず、レシピは独学で。

f:id:mesitsu_la:20160921105013j:plain

麺は、市内の老舗「金城製麺所」の丸麺です。1人前230gと、ほかのお店の大サイズがデフォ。「少ないと哀しくなるからね」と、そばラバーならではの視点がいきています。素晴らしい~。

王道から変わりダネまで、八重山そば三昧!

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。