ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

SOMEWHERE TOKYOで「ソットサス展」、ポストモダンの巨匠の80年代代表作を一堂に展示

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
sottsass-somewhere_011

2016年12月10日(土)から年12月25日(日)まで、東京・恵比寿のSOMEWHERE TOKYOにて「SOTTSASS-ソットサス展」が開催されます。

SOMEWHERE TOKYOではこれまでもEttore Sottsass(エットーレ・ソットサス)やソットサスが主宰したデザイン集団・Memphis(メンフィス)にフォーカスした展示を開催してきましたが、今回は特にソットサスの代表作が次々に誕生した80年代にフォーカスしています。

ポストモダンの名作「Carlton」シェルフをはじめ、日本の照明メーカー・ヤマギワとタッグを組んで製作された「Twenty-nine」「Seventeen」などを展示。会場内の作品は全て購入が可能です。

インテリアデザインに観念を含ませ、オブジェとしての側面にスポットを当てたソットサスの功績を、作品を通して知ることができます。時代を超えて今もなお多くのクリエイターたちに影響を与えるソットサスの表現を存分に味わってください。 写真左から

「Cream」Memphis Milano 1984年 W500mm × D500mm × H400mm

「Tahiti」Memphis Milano 1981年 W380mm × D100mm × H650mm

「Mimosa」Memphis Milano 1984年 W4200mm × D420mm × H420mm

「Imera」Memphis Milano 1986年 W180mm × D180mm × H500mm

「Pasifila」Memphis Milano 1986年 W200mm × D200mm × H495mm

sottsass-somewhere_021 写真左:「Seventeen」Yamagiwa 1990年 W240mm × D150mm × H240mm

写真右:「Twenty-nine」Yamagiwa 1990(2011)年 W410mm × D260mm × H550mm

ソットサスがヤマギワのためにデザインした照明器具のうちのひとつ。数字の名前がついた一連の照明器具は1990年に発表され、いくつかのモデルは当時製品化されました。これは試作品のみであったものをリエディションしたもの。ガラスのシェード、スチールの支柱、石のベースから構成されます。

sottsass-somewhere_031 「Shiva」BD 1973年 W170mm × D70mm × H230mm ピンク 3万2400円、ゴールドは50個限定モデル(価格は要問合せ) sottsass-somewhere_041 「Carlton」Memphis Milano 1981年 W1900mm × D400mm × H1960mm

80年代デザインを代表するシェルフ。デザインとは何かということを見るものに問いただす作品。機能的デザインの解放こそがポストモダンデザインの主たるテーマであり、それを如実に具現化したメンフィス、およびエットーレ・ソットサスの象徴的作品です。デザイン史に燦然と輝く傑作で、まさにシェルフを超えたシェルフ。

「SOTTSASS-ソットサス」展

会期:2016年12月10日(土)~2016年12月25日(日) 13:00~19:00 ※12月12日(月)・13日(火)・21日(水)休み

会場:SOMEWHERE TOKYO

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

グッズ約200点が集結! 銀座で「リサ・ラーソン&北欧アーティストフェア」開催
天童木工「バタフライスツール」がロングライフデザイン賞受賞!「40・50・60」展は大阪巡回
注目アーティスト「IDO YOSHIMOTO(イド・ヨシモト)」の日本初個展! 作品約50点が集結

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。