ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

秋岡芳夫最後の弟子・富田一彦の個展「トミタリア展」開催中

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
tomi-italy_01

2016年12月1日(木)から12月18日(日)まで、東京・中野のギャラリー「モノ・モノ」にて「トミタリア展」が開催されています。

個展タイトルの「トミタリア」は「トミタ」と「イタリア」を掛け合わせた造語。プロダクトデザイナー・富田一彦氏の作品を紹介する個展。富田氏はイタリア・ミラノを拠点に2010年まで20年以上活動し、多くの国際デザイン賞を受賞しています。

ギャラリー モノ・モノ創設者であるデザイナー・秋岡芳夫氏とは同じ大学出身で、秋岡木工塾に通いつめていたなど深い縁があり、今回の開催に至りました。富田氏の作品を一堂に集め展示販売するほか、12月11日には「師・秋岡芳夫を語る」をテーマにトークイベントも開催。当日は氏が在廊しているので、気になる作品について直接質問することもできます。

秋岡芳夫最後の弟子を自認する富田氏のユニークなプロダクトが集まる本展。和洋の文化やジャンルを超え、暮らしに寄り添うデザインに取り組むトミタデザインの軌跡をどうぞご覧ください。 トミタリア展

会期:2016年12月1日(木)~12月18日(日) 11:00~18:00

※水曜日定休

※在廊日12月8日(木)~11日(日)

会場:モノ・モノ

トークイベント:「師・秋岡芳夫を語る」

日時:2016年12月11日(日) 18:00~19:30

参加費:無料

富田一彦

プロダクトデザイナー、トミタデザイン代表

1965年 長崎県長崎市で生まれる。

1985年 千葉大学工学部工業意匠学科入学。在学中に工業デザイナー・秋岡芳夫の木工塾に通う。

1992年 ロンドン・Royal College of Art(王立美術大学院)を修了。

1993年 イタリア・ミラノにアトリエ「意匠二次元半」を開設(2005年にトミタデザインに改称)。

2011年 東日本大震災を契機に日本へ活動拠点を移す。

2015年 長崎県美術館の主催で「トミタリア-富田一彦の世界」を開催。

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

天童木工「バタフライスツール」がロングライフデザイン賞受賞!「40・50・60」展は大阪巡回
注目アーティスト「IDO YOSHIMOTO(イド・ヨシモト)」の日本初個展! 作品約50点が集結
SOMEWHERE TOKYOで「ソットサス展」、ポストモダンの巨匠の80年代代表作を一堂に展示

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。