ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

天童木工「バタフライスツール」がロングライフデザイン賞受賞!「40・50・60」展は大阪巡回

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
40-50-60-osaka_000

話題となったリオオリンピック公式卓球台も登場

天童木工の「バタフライスツール」が、2016年度の「グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」を受賞しました。

柳宗理によってデザインされ、1956年に発表されたバタフライスツールは、同社のロングセラーでありアイコン。ニューヨーク近代美術館、ルーブル美術館などのパーマネントコレクションに選出されるなど世界で髙い評価を受けてきましたが、このたび改めて暮らしの中で長く愛され続けているデザインとして認定されました。

天童木工では、2016年12月3日(土)から12月15日(木)まで大阪・堀江の天童木工 大阪ショールーム で「40・50・60展」を開催しており、その中でこのバタフライスツールも紹介されています。

「40・50・60展」は、発売や発表から40年、50年、60年を迎える3つの家具にフォーカス。60年を迎えるバタフライスツールのほか、50年のヘロンロッキングチェア、40年のマットソンシリーズを取り上げ、それぞれのバッググラウンドや貴重な発売当時の製品実物などが展示されています。

会場には、天童木工がその脚部の製作を担当し、「美しい卓球台」として注目を集めたリオ五輪公式採用の三英「infinity」も登場。半世紀以上の時を超えて、技術とデザインを磨き続けてきた天童木工の歩みを振り返ることができます。

「40・50・60展」は東京ショールームで人気を博し巡回展となったもの。この機会にぜひショールームに足を運び、ロングライフデザインの名作から、最新の話題作まで、天童木工の技術が生み出した傑作プロダクトを楽しんでみてください。

40-50-60-osaka_001 1976年発売の「マットソンシリーズ」

40-50-60-osaka_002 1966年発売のヘロンロッキングチェア

40-50-60-osaka_003 ロングライフデザイン賞を受賞したバタフライスツール。1956年に松屋銀座にて発表されました。

tendo-mokko_infinity_01 卓球台・遊具メーカー三英が開発したリオオリンピック・パラリンピック公式採用の「infinity」

「40・50・60」展

会期:2016年12月3日(土)~12月15日(木) 10:00~18:00

会場:天童木工 大阪ショールーム

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

注目アーティスト「IDO YOSHIMOTO(イド・ヨシモト)」の日本初個展! 作品約50点が集結
SOMEWHERE TOKYOで「ソットサス展」、ポストモダンの巨匠の80年代代表作を一堂に展示
今回も行列必至!? 大盛況のマルニ木工のアウトレットセールが開催されます

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。