ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

寒い冬はこれで乗り切って!体を温めるグッズいろいろ活用術

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

寒い秋・冬はこれで乗り切って! 体を温めるグッツいろいろ活用術
いよいよ寒さも厳しくなって、冷えが気になる女性にとっては厳しい季節となってきました。「冷えは万病の元」と言われるように、体を冷やすことは健康にも良くありません。とはいえ、暖房やヒーターは乾燥を招きます。どうしたらいいのでしょう。そこで今回は、暖房やヒーターを使わずに、体を温める方法をいくつかご紹介したいと思います

貼るタイプのカイロを活用

今では市販のカイロが大量のセットで安く売られていますよね。それを活用してみましょう。腰やお腹など、体の中心部分を温めると、体全体が温まります。

オススメなのは「貼る」タイプのカイロ。貼るタイプのカイロは比較的粘着力も高いので、いろんな所に「貼って剥がして、また貼って」が可能です。寒さを感じる部分、足の裏や背中にも貼ってもいいでしょう。

カイロのイメージ

湯たんぽを上手に活用

実は湯たんぽは、冷えに悩む方に万能なアイテムなのです。暖房やヒーターのように風を流さないため、乾燥しにくく、それでいてあったかさの持続時間も長いから。お布団の中に入れておくのはもちろん、帰ってからお腹や背中を温めたりしてみてもいいですね。

湯たんぽのいいところは、何と言っても、持ち運びが自由にできるところ。寒さや冷えを感じる部分に当てながら、部屋のあちこちに持っていくと便利です。ただし、湯たんぽそのままだと低音火傷の可能性があるので、布で包むなどしてくださいね。

湯たんぽのイメージ

部屋着は素材の違うものを複数用意

皆さんは、寒いからといって、厚手、もしくはフリース素材の部屋着だけにしていませんか? でも、それだと汗を吸収しにくかったり、暑すぎたりしてしまいます。これでは体温調整がうまくいかないことも。オススメなのは、麺やフリース素材など、素材の違う部屋着を複数用意すること。

さらに、長袖や半袖、七部丈など、長さが違うものも用意しておくと便利。いろんな種類の部屋着を持っておくと、その時の体温調整に適した格好ができます。

冷えは万病の元。なるべく体を冷やさないよう工夫したいですよね。とっても寒いと感じたら、暖房やヒーターなどで一気に部屋を暖め、温まったら消すなど、使い分けをしてみてもいいかもしれません。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

女性ホルモンが活性化!肉食女子が美しいワケ
【動画つき】ストレッチで骨盤のバランスを整える方法
乾燥が気になったら食べておきたい食品ベスト5
脂肪燃焼量に差が出る!ダイエットウォーキング【スピード&心拍数】
低カロリーなのに超美味しい!「水切りヨーグルト」でダイエット&美肌ケア

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。