体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ボイス付き中編フリーゲームRPG『ラルスと白夜城のお姫様』公開

ゲーム

フリーゲームダウンロードサイト「ふりーむ!」にて、キャラクターボイス付きの中編フリーゲーム『ラルスと白夜城のお姫様』が公開された。本作は、これまでに『ルイと街の時計塔』『コメット☆キャンディ』などの短編・中編フリゲRPGを制作しているおばけ氏の新作となる。

%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b893807
『ラルスと白夜城のお姫様』ダウンロードページ

少年ラルスが住む港町には、100年間眠り続ける“白夜城”があった。

ある夜、開かずの城であった白夜城の扉が開き、
ラルスは城内の探検を始める。
(ふりーむ!ページより引用)

 
本作の特徴のひとつは、メインキャラクターを中心として、キャラにボイスが付いている点。イベントシーンや戦闘シーンなどでキャラクターの声が付き、ゲームを彩る演出の一つとなっている。また、それだけではなくキャラクターの立ち絵イラスト、ゲームシステムや物語も丁寧に練られている作品となっている。

物語としては、港町にすむ少年「ラルス」の夏休みから始まる。友達が旅行に行く中、ひとり港町に残っていたラルスだが、ある夜の日、街の近くにある開かずの城「白夜城」の扉が開いていることに気づく。城の探索を行うラルスは、上層階で不思議な女の子「ルーナ」と出会う。ルーナは、この城の100年前の王女のようで……?

%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b890728
 
%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b890783
 
%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b891293
 
%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b891322
 
本作の戦闘システムは、行動によって貯まる「TP」を上手く使用してスキルを放つなど、プレイヤーの戦術が求められる。TPを純粋に貯めて大技を放つほか、たとえばパーティのうち防御面に不安のあるキャラがいる場合に、他の前衛タイプのキャラで「挑発」を行い、攻撃を受ける対象を1人に集中させるなどといった立ち回りが必要になってくるのだ。なおTPは戦闘中の行動によって上昇するので、通常戦闘では気軽にスキルを放って敵を倒すこともできる。

1 2 3次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会