ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

鬼束ちひろ、約6年ぶりアルバム「シンドローム」2月リリース 初回盤ボーナスディスクにライブ音源を収録

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
鬼束ちひろ、約6年ぶりアルバム「シンドローム」2月リリース 初回盤ボーナスディスクにライブ音源を収録

鬼束ちひろは今年、11月2日に約5年ぶりとなるシングル「good bye my love」を発売。発売直後には、中野サンプラザでのワンマンライブ、地元宮崎でのデビュー以来初となるライブと、更なる活動に期待が寄せられる中、2017年2月1日に通算7枚目となるオリジナルアルバムのリリースが決定した。鬼束ちひろ名義のオリジナルアルバムとしては、2011年に発売された「剣と楓」以来約6年ぶりとなる。

新作のタイトルは「シンドローム」。「月光」「眩暈」など初期を彷彿とさせる、生命を削るような魂を揺さぶる歌声の存在感が復活。今作ではサウンドプロデューサーに鈴木正人(LITTLE CREATURES)を迎え、ただの原点回帰だけではない、成熟味や深みを増した、鬼束ちひろの新たな魅力が開花。透明感も儚さも狂気も気迫も取り戻した、まさに鬼束ちひろのネクストステージを感じさせる作品となっている。先行シングル曲「good bye my love」含む全9曲収録。

さらに、初回限定盤には鬼束ちひろベストセレクション的ライブ音源を収録したボーナスディスクが付属。完全復活を印象付けた2016年7月22日の大阪サンケイホールブリーゼ、11月4日の東京中野サンプラザでのライブよりベストテイクをセレクト。「月光」「眩暈」「流星群」「私とワルツを」、そして最新曲「夏の罪」まで、現在の声で蘇る名曲たち。初期から近年まで変わることのない彼女の絶対的音楽価値を再認識させるようなベスト的内容となっている。

12月7日には、2016 FNS歌謡祭 第一夜にて、代表曲である「月光」を歌唱することも決定している。

アルバム「シンドローム」収録曲
CD(初回限定盤・通常盤共通)
1.good bye my love
2.碧の方舟
3.弦葬曲
4.Sweet Hi-Five
5.ULTIMATE FICTION
6.悲しみの気球
7.シャンデリア
8.火の鳥
9.good bye my love(acoustic version)
全9曲収録

Disc 2(初回限定盤)
LIVE 2016 BEST SELECTION 〜TIGERLILY
1.月光 ※
2.眩暈 ※
3.流星群 ※
4.私とワルツを *
5.MAGICAL WORLD ※
6.everyhome *
7.蛍 ※
8.帰り路をなくして ※
9.惑星の森 *
10.夏の罪 ※
全10曲収録
* Live at 大阪サンケイホールブリーゼ on July 22, 2016
※Live at 東京中野サンプラザ on November 4, 2016

鬼束ちひろスペシャルWEBサイト
http://jvcmusic.co.jp/onitsuka-chihiro/

リリース情報
アルバム「シンドローム」
2017年2月1日発売
初回限定盤(2CD)VIZL-1087 3700円+税
通常盤(CD)VICL-64691 2800円+税

配信情報
アルバム「シンドローム」
2017年2月1日iTunes、レコチョクなど各配信サイトにて配信

関連リンク

鬼束ちひろ オフィシャルサイトhttp://www.onitsuka-chihiro.jp

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。