ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

DAM年間カラオケリクエストランキング2016発表、浦島太郎(桐谷健太)「海の声」が1位

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
DAM年間カラオケリクエストランキング2016発表、浦島太郎(桐谷健太)「海の声」が1位

第一興商は12月6日、2016年のDAM年間カラオケリクエストランキングを発表した(調査期間:2016年1月1日~2016年11月30日)。

今年、通信カラオケDAMで最も歌われた曲は、浦島太郎(桐谷健太)の「海の声」。2016年上半期ランキングでも1位に輝いており、その人気は衰え知らず。2位の「糸」(中島みゆき)、3位の「ひまわりの約束」(秦 基博)も根強い人気を見せた。

アーティスト部門では、西野カナが初の首位を獲得。リアルな恋愛観を綴った歌詞が多くの女性から共感を得ており、男性ファンからは「カラオケで女性に歌ってほしいアーティスト」として人気がある。

アニメ・特撮・ゲーム部門は、昨年に続き、「ひまわりの約束」(秦 基博)が1位となった。映画「STAND BY ME ドラえもん」の主題歌であり、大切な人への想いが詰まった同曲は、映画とともに子どもから大人まで幅広い世代に親しまれている。

今年発売楽曲部門の1位は、RADWIMPSの「前前前世 (movie ver.)」。大ヒットを記録中の映画「君の名は。」の主題歌として話題を呼び、総合ランキングでは今年発売された曲で唯一トップ50入りを果たした。

また、現在国内外問わず大ブームを巻き起こしている“PPAP”こと、ピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン」が追い上げを見せ、同部門で15位にランクイン。10月18日のカラオケ配信後、わずか1カ月半という異例の早さで1位を獲得した。

関連リンク

第一興商

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。