体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界一の牛肉大国アルゼンチンの定番料理とおすすめレストラン5選!

世界一の牛肉大国アルゼンチンの定番料理とおすすめレストラン5選!
Photo credit: Christian Van Der Henst S. via flickr cc

Photo credit: Christian Van Der Henst S. via flickr cc

こんにちは。Compathy Magazineのあ〜ちゃんです。アルゼンチンは、日本のほぼ真裏、南アメリカの南部に位置する共和制国家です。世界一の消費量を誇る牛肉料理の中で最も代表的な肉料理「アサード」から、気軽に食べられる肉料理、お洒落なカフェバー、高級レストランまでアルゼンチンのおすすめグルメとおすすめスポットをご紹介していきます。
この記事を読んでアルゼンチンに行ったら食べてみたい料理を一緒に探してみましょう。

アルゼンチン料理の特徴

世界一の牛肉生産量消費量を誇る国アルゼンチン。アルゼンチンは1516年にスペイン人が発見し、スペインの植民地となり移民法が制定され、イタリアやヨーロッパからの移民を受け入れたことから牧畜業が拡大していきました。放牧された牛などの家畜が大繁殖したことから牛肉大国となり、とにかく肉料理を食べる食文化になりました。
また、いろんな国の移民と先住民によってできた国なので、料理も主にスペイン料理をもとにしたヨーロッパ系の料理が多く、肉以外にはパスタやピザ、パン類がよく食べられています。
南米南部にあり日本からほぼ真裏に位置しているため東京からの所要時間は約27時間。かなりの移動時間がかかりますがこの記事のグルメ情報を参考に本場エス肉グルメを堪能しに現地に足を運んでみるのはいかがでしょうか。

アルゼンチンのおすすめ定番料理5選

1. アサード:牛肉を炭火で焼いたアルゼンチンの名物料理!

Provided by Provided by foursquare-icon-16x16

アルゼンチン料理のなかで最も有名な名物料理といえばなんといっても牛肉を炭火で焼いた「アサード」! アサードは岩塩で味付けした牛肉を、炭火でじっくり焼いた料理で、200年以上の歴史があるアルゼンチンの国民的料理です。友人や家族を招いてパーティをする際にはアサードをみんなで囲んで食べます。
オレガノ、たまねぎ、塩が入ったクリオージャソース、ニンニク、パセり、酢が入ったチミチュリソースの二種類のソースをかけて食べるのが主流。そしてアサードに忘れてはならない重要な付き物はワインです。ご存知の方も多いと思いますが、アルゼンチンは世界第五位のワイン大国で、消費量も世界第六位! そんなアルゼンチンワインは主にメンドサ州やサルタ州で生産されています。
特にマルベック種の赤ワインはアサードと相性抜群ですよ!
 

2. エンパナーダ:アルゼンチンのミートパイ

Photo credit: Noelia :) via flickr cc
1 2 3 4次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。