ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

アップリカのベビーカー「カルーン」の買取・その前に読んでほしいこと

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

待望の赤ちゃんとともに外出をしたい、または買い物などで一緒に連れていかなくてはならないとき、ベビーカーは欠かせないですよね。子供の成長は早く、一つのベビーカーを使っていられる期間はそう長くはありません。子供の成長とともに手放す、または買い換える。

今回は、赤ちゃん用の製品を手掛けている「アップリカ」というメーカーの、「カルーン」というベビーカーに焦点をあて、買取に出す際にお役に立つ情報をお届けします。

アップリカ・カルーンとは

出典:アップリカ公式オンラインショップ
ベビーカーやチャイルドシート、抱っこひもなどを製造する、アップリカという日本の企業があります。優れた製品を作り出しその評価も高いです。やはり大切な赤ちゃんの命を預けるものですから、製品選びにも慎重になりますよね。そのアップリカ社のベビーカー製品のひとつにカルーン(正式名称はカルーンプラスハイシート)があります。

ベビーカーの分類

ここでカルーンの立ち位置を確認するために、簡単にベビーカーの種類をおさらいしておきましょう。

A型

生後1ヶ月から利用可能、そのため作りは大きくがっしりしているのが特徴です。そのため値段は比較的高くなる傾向にあります。

B型

生後7ヶ月から利用可能。首の座る時期なので、コンパクトで軽量なものが主流です。A型に比べると価格は安めです。

向き

運ぶ人の方に赤ちゃんの背中が向くものを背面型、正面が向くものを対面型、両方を切り替えられる仕組みになっているものを両対面型と呼びます。

カルーンは

それではカルーン(カルーンプラスハイシート)はどこに位置するのでしょうか。B型の両対面型です。コンパクト・軽量を特徴としており、チェックブラック・スターネイビーの2色を展開しています。アップリカ公式オンラインショップによれば販売価格は34,560円(税込)となっています。(※2016年10月27日現在)
出典:アップリカ公式オンラインショップ
カルーンプラスハイシート

ちなみに


ショップ・通販などではあたりまえのようにA型・B型と分類されていますが、元を辿れば産業製品の安全基準を規定する「財団法人 製品安全協会」の分類です。

価格帯

カルーンはA型に当たります。一般論で言えば、首が座り始めた生後7ヶ月以降を対象にしたB型の方が、作りは簡素になり価格も下がります。カルーンはアップリカの製品のA型の中で軽量タイプという位置づけです。同じA型でも振動を吸収するサスペンション・体を包むブランケット搭載の多機能型「オプティア」が69,660円(税込)であるのと比べると安い価格帯であることがわかります。(※2016年10月27日現在)

ですのでA型軽量モデルで付加価値が低いカルーンは、中古市場ではやや厳しい戦いを強いられることになります。

オークション

ここでカルーンの買取価格を、オークションの落札価格を例として見てみましょう。

カルーン

ヤフオク!で商品状態が良好のものが9,800円で落札されています。他にもカルーンの出品が多数ありますが、新品・未開封品以外はおおむね8,000円〜9,000円で落札されています。

アップリカ社その他

先述のアップリカは中古品がおおむね35,000円前後で落札されています。アップリカ社でいえばB型軽量タイプのマジカルエアープラス(販売価格25,920円/税込)は13,000円前後でした。(※価格は2016年10月27日現在)

買取ショップの事情

ヤフオク!を例にとれば、出品者は送料を負担することがほとんどで梱包を自分で行い、出品の手間をかけ、クレーム等のリスクを負うことになります。落札価格の8.64%(落札価格10,000円であれば8,640円)も支払う必要があります。ですので売却価格はオークションが最高と言えます。

それでは買取ショップでの事情はどうでしょうか。こういった手続きをショップが引き受けてくれます。しかしその商品を、中古市場で買取価格以上でで売り利益を上げなければならないので、あまり高く買うというわけにはいきません。

しかし面倒な手続きをすべてやってくれ、トラブルのリスクはかなり少ないので、現実的には買取ショップを利用することがほとんどではないでしょうか。ここではいかに有効に買取ショップを利用するかを考えてみましょう。

買取方法


中古ベビーカー買取ショップの買取方法は大きく分けて、店頭買取・出張買取、宅配買取があります。

店頭買取

みなさんご存知、商品を店頭に持ち込んで買取する方法です。今回はベビーカーであり商品を直接運ぶのも大変で、ショップとしても店舗に在庫を置きにくい事情もあり実施店舗が少ないので細かい説明は省略します。

出張買取

出張買取は実店舗、あるいは店舗以外の事業所から買取ショップ店員に来てもらい、査定・換金する方法です。買取ショップと電話やメールで話を取り決め、決まった時間に店員に来てもらい、その場で査定と換金をし、トラックなどで引き取ってもらうことになります。

宅配買取

宅配買取は初めに電話やメールなどで査定額の見立てをつけ、納得できそうであれば取引開始となります。買取ショップによってはスマートフォンで写真を撮り、スマホアプリLINEなどで事前により具体的な仮査定をしてくれるショップもあります。

ほとんどのショップで梱包材(段ボールや緩衝材など)を手配してくれますので、商品を梱包してショップに郵送し、ショップに着き次第査定・換金、そして口座に入金という流れになります。

買取ショップ紹介

アロット

出典:アロット
アロットはベビーカーとチャイルドシートを専門で買取している心強いショップです。専門分野と流通事情に知識のある店員が常駐していることをうたい文句にしています。アロットは査定から梱包キットの手配、査定に納得がいかなかった時のキャンセル料がすべて無料となっています。

宅配買取は全国対応で、出張買取は東京・神奈川近郊のエリアとなっています。商品量などによってはエリア外の対応もしてくれますので、相談してみましょう。

ママズストア

出典:ママズストア
ママズストアはベビー用品の販売・レンタルと買取を行っているショップです。ママズストアの特徴として、ホームページで必要項目を入力し、ボタンを押すだけで、おおまかな買取価格が調べられるところです。項目は年式・販売価格・ブランド、使用状態などです。あくまで概算ですが、価格調査として訪れてみる価値はあります。

出張買取エリアは東京都広域、千葉・神奈川・埼玉の都市部となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はアップリカ社のベビーカー・カルーン(カルーンプラスハイシート)を買取する際にお得な情報をお届けして参りました。ベビーカーは大切な命を預かるアイテムです。丁寧に使用して無事役割を終え、新しい命を包むことがあれば素敵ですね。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。