体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ウリボウ柄のバク?東武動物公園に珍動物の赤ちゃん続々誕生♪【埼玉】

ウリボウ柄のバク?東武動物公園に珍動物の赤ちゃん続々誕生♪【埼玉】 バク

動物園なのに遊園地やプールもある、ハイブリッドなレジャーランドとして人気の東武動物公園。

国内に35頭ほどしかいないホワイトタイガーが見られることでも有名ですが、今、東武動物公園ではちょっと珍しい動物の赤ちゃんが続々と誕生しているようなのです。

飼育係さんにべったり♪甘えん坊の赤ちゃんバク

バク

ウリボウ柄の、こう見えてもバクです

イノシシの赤ちゃん、ウリボウにそっくりのこの子。実は、今年の11月に生まれたばかりのマレーバクの赤ちゃんなのです。バクといえば白黒のツートンカラーのイメージがあるけれど、生まれてから6か月間ほどはこのウリボウ柄で過ごします。バク

11月8日に生まれたオリヒメちゃん。外の世界が気になるご様子

「ヒメちゃん」と呼ばれると、小さな鳴き声で答えるオリヒメちゃんは飼育係さんからも人気者。飼育係さんがちょっと離れると不安になっちゃうので、走ってついてくるんだとか。母性くすぐられちゃいますね。バク

哺乳瓶で1日5回のミルク。いっぱい飲んで、まだまだ大きくなります

人間に懐いているオリヒメちゃんですが、実は飼育係さんが人工哺育をしています。母親が授乳をしなかったので飼育担当さんの手で、1日5回ミルクを飲ませここまで大きくなったのです。マレーバクは国内で約30頭しか飼育されていないので、このウリボウ柄のオリヒメちゃんに会えるのは滅多にないチャンス。12月末からお披露目を開始する予定なので、この機会を逃さず、会いに行きたいですね。

カメラ目線でアピール!全身真っ白なおサルの赤ちゃん

アビシニアコロブスの赤ちゃん

じーっとこちらを見つめる、好奇心旺盛なアビシニアコロブスの赤ちゃん

こちらはアビシニアコロブスといって、アフリカの中部、東部にかけての熱帯雨林に生息しているサルです。顔の周りや背中から腰、お腹の境目に生える、白くて長い毛が美しくて特徴的なのですが、赤ちゃんは真っ白な毛で覆われて生まれてきます。アビシニアコロブスの赤ちゃん

10月21日生まれのギラくん。カメラが気になるのかな?

カメラを向けると目線をくれるギラくん。ママに抱っこされてても、こんな風に仰け反ってカメラ目線♪かわいい。

この真っ白なアビシニアコロブスの赤ちゃんに会えるのはわずか3か月間ほど。少しずつ黒い毛が生え始めているので、早めに会いに行くのが◎!

威嚇の姿は一人前!ヤマアラシの赤ちゃん

マアラシの赤ちゃん
1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。