ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

葉加瀬太郎、クラシック音楽の本当の魅力を伝える書籍『情熱クラシック講座』12/10発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
葉加瀬太郎、クラシック音楽の本当の魅力を伝える書籍『情熱クラシック講座』12/10発売

葉加瀬太郎の書籍『葉加瀬太郎の情熱クラシック講座』が、12月10日にローソンHMVエンタテイメントより発売される。

“超”がつくほどのクラシックオタクの葉加瀬太郎は、その幅広く深い知識の一端をテレビ番組でもたびたび披露し、人気を博している。

本書はそんな葉加瀬が、ほかでは教えてくれないクラシック音楽の本当の魅力を伝える、読んで楽しくてためにもなる、情熱のクラシック講座を収録。ファンはもちろんのこと、クラシック入門者にも最適で、そのうえコアなクラシックファンも納得させる内容になっている。

書籍情報
『葉加瀬太郎の情熱クラシック講座』
2016年12月10日発売
仕様:四六判/並製/本文192P/1500円+税
葉加瀬太郎・著
新井鴎子/林田直樹・監修
ISBN978-4-86113-285-8
発売:(株)ローソンHMVエンタテイメント
販売:サンクチュアリ出版
<内容>
・講座1 バロック編
ヴァイオリン界の“秋元康”――ヴィヴァルディ/父は地味、母は派手――バッハ、ヘンデル/教会オルガニストはイベント屋――バッハ
・講座2 古典派編
僕があまり好きではない作曲家――ハイドン/セルフプロデュースの元祖――モーツァルト/史上初のフリーランス音楽家――ベートーヴェン
・講座3 ロマン派編 ①
客を失神させるテクニシャン――パガニーニ/美食家になってしまった作曲家――ロッシーニ/幻想“ストーカー”交響曲――ベルリオーズ/初めて指揮棒を持った作曲家――メンデルスゾーン/グッズ売り上げを誇る二大アイドル――ショパン、リスト/スーパーアイドルは生涯独身――ショパン、リスト/ピアニスト妻への“結婚四カ条”――シューマン/僕が大好きな作曲家――ブラームス/人生を“女神”にささげて――ブラームス/特別講座 ブラームス名曲案内
・講座4 ロマン派編 ②
美しく青きクラブの帝王――シュトラウス二世/人気音楽一家の下剋上――シュトラウス二世/僕がオペラ嫌いな理由/ワールドミュージックがキター!――国民楽派
・講座5 近現代編
やってきた『春祭』の衝撃――ストラヴィンスキー/日本人初のクラシック作曲家誕生!――山田耕筰/超ド級オーケストラ誕生から“ハリウッド”へ/ポピュラーミュージックの基になった音――ドビュッシー、ラヴェル、サティ/作曲家兼演奏家の終焉――クライスラー/上手な二枚舌の使い分け――ショスタコーヴィチ/クラシック音楽は終わったのか?――ケージ、ライヒ

関連リンク

葉加瀬太郎 オフィシャルサイトhttp://hats.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。