体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BUGY CRAXONE、大盛況のワンマンで20周年に向け第一歩! 全国ツアー開催も発表

BUGY CRAXONEが12月4日、『ブルーでイージー、そんで来年20周年!~sweet 19 BUGY CRAXONE~』と題したワンマンライヴを新宿のライヴハウスred clothで開催した。
12月4日@red cloth (okmusic UP's)
タイトルでも謳っているように来年結成20周年を迎える彼らが、2017年11月19日(日)に渋谷クラブクアトロで行なう20周年記念ワンマンライヴ『100パーセント ナイス!』に向け、これから1年かけて盛り上げていこうというその第1歩となるこの日のライヴは、すずきゆきこ(Vo,G)とスタンディングのフロアーをぎっしり埋めたオーディエンスの気持ちが爆発した旧知のアンセムソング「NORTHERN ROCK」でスタート。

言葉を投げかけるような力強いすずきの歌に応え、早速激しい手拍子が起こり、サビのシンガロングでは客席からいくつもの拳が上がる。その光景を見たすずきは破顔一笑。「サンキュー!」と2曲目の「WATCH YOUR STEP」につなげると、そこからたっぷり1時間半、「一緒に歌おうね!」と呼びかけ、バンドもファンも全員でサビをシンガロングした本編最後の「枯れた花」、そしてアンコールの「I scream」まで新旧の楽曲を計19曲披露。ブージー流のロックンロールを奏でながら、ヒリヒリとした焦燥感や胸が躍るようなポップ・フィーリングを、曲ごとに際立たせ、幅広い魅力をアピール。

2017年1月18日に20周年記念ベストアルバム『ミラクル』のリリースが決定しているBUGY CRAXONE。この10年間、怒髪天の増子直純が主宰するインディーズレーベル、Northern Blossom Recordsからリリースしてきた曲の集大成を、再びメジャーレーベルからリリースすることについて、「みんなが喜んでくれるメジャーからのリリース。力を貸してくれる人が増えてきた」と感謝の気持ちを語ると、“今のブージーこんなに元気だよってわかる”というそのベストアルバムに収録する「いいじゃん」「ぶるぶるぶるー」「ブルーでイージー、そんでつよいよ」という新曲をリリースに先駆け、ファンにプレゼント。

「ナイスちゃん達(ファンのこと)の前で歌うのを楽しみにしていた」というモータウンビートが印象的な「ブルーでイージー、そんでつよいよ」は、新たなBUGY CRAXONEのテーマソングとして、今後バンドとファンのアンセムになっていきそうだ。「ぶるぶるぶるー」はどこかせつないフィーリングとともに、このバンドが持つポップな魅力をとことんアピールする、とてもいい曲。多くの人の目を、改めて彼らに向けさせるきっかけになるのではないかと期待せずにいられない。

結成20周年に向けた第一歩は、バンドの絶好調を伝えるという意味で見事なスタートダッシュを印象づけた。因みに、この日のライヴは結成19年目にして初めてのソールドアウトだったそうだ。若いバンドが次々に日本武道館やそれ以上の会場をいっぱいにしていることを思えば、200人キャパのライヴハウスのソールドアウトは小さなことかもしれない。しかし、メジャーレーベルを離れてからのこの十数年、精力的にではあるけれど、一歩ずつ一歩ずつ彼らが活動してきたことを知っているファンや、この日、懸命に生きることを歌った曲の数々やメンバーのMCからその思いを聞きとって胸を打たれた人は、その小さな一歩を尊いと感じたはず。

耳に残るフレーズを奏でるリーダー笈川司(G)、男気あふれるプレイで演奏をリードする旭司(B)、パワフルなプレイで屋台骨を支えるヤマダヨウイチ(Dr)。その3人が精一杯コーラスを重ねる姿からもバンドが一丸になっていることが窺えた。

ステージから見える光景を「壮大だ!」と言ったすずきは、来年ベストアルバムに加え、「新しいアルバムも出したい」と語ると、来年2月からベストアルバムをひっさげた全国ツアーを開催することも発表した。ツアーファイナルは4月22日(土)の新宿red cloth。この日、新たな一歩を踏み出したBUGY CRAXONEの歩みはここからさらに勢いを増していきそうだ。

【セットリスト】
01.NORTHERN ROCK

02.WATCH YOUR STEP

03.Why not?

04.Come on

05.FAST

06.いいじゃん

07.NY

08.ロマンチスト

09.ベリナイス

10.ぶるぶるぶるー

11.なんとなく Be happy

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。