ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

蓮沼執太、個人名義では2008年以来となるアルバム「メロディーズ」アナログ盤のリリース決定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
蓮沼執太、個人名義では2008年以来となるアルバム「メロディーズ」アナログ盤のリリース決定

活動10周年記念公演「蓮沼X執太」を東京・WWW Xで大成功させたばかりの蓮沼執太。その会場で限定販売されたアナログLPが好評につき、2017年1月1日に一般発売することが決定した。

前作、蓮沼執太フィル名義でのアルバム「時が奏でる」では総勢15人のフィルハーモニーが奏でる「ハーモニー」がテーマの作品だったが、今作「メロディーズ」は蓮沼執太自身が歌い作り上げた「ポップス」作品。これまで彼の作品でボーカルをとった事のある鴨田潤、木下美紗都、コトリンゴといった馴染みの面々も作詞、作曲等で参加しているが、あくまでボーカルは蓮沼執太ひとり、という意欲作。

また、東洋化成が運営するアナログレコードに関する情報サイトでも本作のインタビュー記事を公開中。

Record People Magazine
http://r-p-m.jp/interview/hasunumashuta_melodies

蓮沼執太コメント
このアルバム「メロディーズ」は、歌にフォーカスした作品です。僕の音楽の作り方はたくさんのプロセスがありますが、僕の声からメロディを作っていき、それをベースにして音楽が立ち上がってきます。自分の声も楽器の一部として音楽に溶け込んでいる柔らかいアルバムです。10曲のメロディーズをお楽しみください。
(「メロディーズ」アナログ化に際して)
とても嬉しいレコードでのリリースです。デジタル/アナログ/良い音/悪い音、記録された音楽にはそれぞれの形があると思います。僕は今回のメロディーズLPでは、中音域がギュッとタイトになることでアンサンブル全体がより自然に響くようになりました。それと低音域もレコードらしく柔らかく沈むようなグルーヴが新たに作られました。10曲全てアレンジのアプローチが異なるので、その分より音楽の世界旅行の感じが広がりました。意図してなかった変化もあったりして、より好みの音になりました。音盤が回るのを見ながら音楽を聴くのも楽しいですよ。

リリース情報

アルバム「メロディーズ」
2017年1月1日(日・祝)発売
(LP)shutavinyl001 3,000円+税

track list
Side A
1.アコースティックス
2.起点
3.フラッペ
4.RAW TOWN
5.ハミング

Side B
1.テレポート
2.クリーム貝塚
3.ストローク
4.ニュー
5. TIME

関連リンク

蓮沼執太 オフィシャルサイトhttp://www.shutahasunuma.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。