ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

宝物がたくさん詰まった色彩豊かな料理の「御馳走 よし春」【大阪】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:mesitsu_lc:20161026230018j:plain

みなさん、こんにちは。

メシ通レポーターのsenaです。

今回は、大阪の京橋にある、「御馳走 よし春」におうかがしました。

京橋駅から一号線沿いを歩いて10分もかからないところにあります。

店内はカウンター席含め、26席あります。

奥には6名席もあるので、家族で来ることもできますね!

f:id:mesitsu_lc:20161026230102j:plain

今回、「御馳走 よし春」を取材させていたたいたのは、とにかくコストパフォーマンスが素晴らしいランチがある、という噂を聞きつけたからです。

ランチは予約必須!

ランチは火曜日・木曜日・土曜日限定で、毎回違った内容が出てくるそう。

作る数も決まっているので、予約は必須!

予約でもう完売する場合もあるみたいです。

店長の春田さんにお願いして、今回は特別にそのレアな「御馳走 よし春」のランチを取材することに成功しました。

その、ランチがこちら!

f:id:mesitsu_lc:20161026230144j:plain

どーーーーーん!!!!!

みてください。

このボリュームに、この色の鮮やかさ。

これで食後にコーヒーも付いて、なんと1,000円です。

いや、頑張りすぎです! 絶対!!

f:id:mesitsu_lc:20161026230227j:plain

これ、毎回違うって、献立を考えるの大変そう……。

それに、献立も全て店長さんの手書き!

f:id:mesitsu_lc:20161026230305j:plain

字もコンセプトを持って書いてらっしゃるそうです。

それにしても、この美しい御膳を目の前にすると、あれを言ってしまいたくなりますよね……(そわそわしてきました)。

f:id:mesitsu_lc:20161026230351j:plain

「うわぁ、海の宝石箱や~!」

ほんまに。

でも、ほんまにそう。

ほんまに宝石箱。

話が脱線してしまいましたが、この宝石箱を作り出した店長・春田さんにお話をうかがいました。

――毎回、献立を決めるのって大変じゃないですか?

「大変ですよ! ランチは前日の食材を明日に活かすよう準備をするので、夜の営業をしながら、ランチの献立を考えたりしています」

――テーマとかってあるんですか?

「テーマは一応『お野菜とお魚』ですね。肉は一切使っていないんです。誰でもできるけれど、ひとつずつ揃えるのは大変じゃないですか。質素だけれど色々な食材をたくさん食べられるっていうのを大事にしています」

――ランチを始めたきっかけは?

「開業して間もない時に、知り合いの紹介でフレンチの仕込みを手伝いに行かさせていただきました。そこでいろんなことを学びましたね。フレンチって本当に捨てる部分がないんですよ。食材を最後まで使うし、油とかも次の調理のために洗うと怒られたりして。それが風味の奥深さに繋がったりするんですよね。そういう部分を学ばせてもらって。今も捨てるのが苦手で、ニンジンの皮なんかも使える料理を考えたりします」

――それってすてきなことですよね。

「そうですね。いろいろな人に出会いましたが、本当に良い人に出会えました。で、そこのオーナーに相談なんかもさせていただいてて。若い人を応援したいっていう、70歳のオーナーなんですけど、朝からばりばり動いたりするんですよね。それで、『お昼してみたら?』という話になって、そのオーナーがこのお弁当箱70個くれたんです」

f:id:mesitsu_lc:20161026230442j:plain

――なんという! めっちゃいい話ですね。

「それでこれ使って何かできひんかな、と思って試行錯誤して考えたのがきっかけです。鶴橋市場で買い物もしているので、素材にはとことんこだわっています」

毎回メニューが違うと聞くと、このその日限りの色合いをずっと見ていたい気もしますが……。

いただきます!

この味噌汁、めっちゃ深い味!!

――この、ほっこりする味の元って何なんでしょうか?

「魚の骨でだしをとっています。そこに山椒を入れていますね」

だから、深い中にもスパイシーな味があるんですね。

こんなに味噌汁で感動したのは初めてかもしれません。

どれを食べても本当においしい!

それに、身体に染みわたる感じ……。

全て身体にいいものなのでうれしいです。

「ここに来て、これが食べられる! っていうのはないですが、毎日ある食材で少しずつを楽しんでもらえればうれしいです」

と店長の春田さん。

食べていると、サラダがなんだか変わった味がするような……。

それに、つぶつぶが!

「これは大分から取り寄せている粒マスタードで、結構いい値段するんですよ。送料も高いんです。この粒マスタードはよく夜のメニューに使っています」

ぜひとも夜のコースも!

「御馳走 よし春」は、昼も素晴らしいのですが、その素晴らしさを夜の料理でさらに堪能できます。

還暦のお祝いや、結婚記念日、会社の接待など、予約の際にその旨を伝えると、店長の春田さんがTPOに合わせてこんなふうに名前入りのコース表を書いておもてなししてくださいます。

f:id:mesitsu_lc:20161026230537j:plain

これ、すっごくうれしいですよね!

また、旬の食材で季節のお料理コース(3,500円)も用意されています。

f:id:mesitsu_lc:20161026230733j:plain f:id:mesitsu_lc:20161026230742j:plain f:id:mesitsu_lc:20161026230752j:plain f:id:mesitsu_lc:20161026230802j:plain f:id:mesitsu_lc:20161026230812j:plain

これだけの料理で、3,500円

f:id:mesitsu_lc:20161026230905j:plain

「御馳走 よし春」は、地酒や銘酒など、さまざまなお酒も取り揃えているので、酒好きな方にもおすすめです。

地酒飲み放題コースも6,000円であったり、おまかせ3品コースが2,000円であったり、コースの種類もさまざま。

ぜひ、このすばらしい料理をゆっくり堪能してみてくださいね!

お店情報

御馳走 よし春

住所:大阪府大阪市都島区東野田町4-5-44

電話番号:06-6882-0606

営業時間:11:30~13:30(火曜日・木曜日・土曜日のみランチ営業)、17:00~24:00

定休日:日曜日

※金額はすべて消費税込みです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:sena

sena

大阪生まれ大阪育ち/もの書き/すきなもの/肉/アイス/わたがし/とうもろこし

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

「時計仕掛けの海老つけ麺」って一体何!? 大阪・堺筋本町にある「海老鶏麺蔵」に行ってみた
BBQ串、飯盒炊飯、ワニの手!? 室内で年中で楽しめるバーベキュー酒場【大阪】
「さぼてん食堂」で食べる! こだわり抜かれたカレー【大阪】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。