体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

既婚女性の平均小遣い額と貯金額って?

既婚女性の平均小遣い額と貯金額って?
独身時代は自分の好きなことに好きなだけ使えたお小遣い。結婚して専業主婦になったら収入は減るし、将来の養育費や備えのために貯蓄も必要ですよね。

 

今回のセキララ★ゼクシィでは、20〜30代の既婚女性に夫婦のお財布事情を聞いてみました。

 

■結婚すると妻のお小遣いは「減った」が80%、でも満足している人は66%!

 

まずは結婚前と後のお小遣いの変化を聞いてみたところ、独身時代と比べ、自分で自由に使えるお小遣いは「減った」という人が80%もいることがわかりました。減った理由も聞いてみると…。

 

●「今まで実家暮らしのため、家賃や光熱費が増えたから」(26歳)

●「貯蓄に回すために減った」(25歳)

●「前は制限なく使っていたけど、お小遣い制にしたため」(27歳)

 

毎月のお小遣い額は減っても満足している人がなんと66%も。その理由は?

 

●「以前は働いていたが今は子育てもあり働いていません。それなのに自由に使えるお金があるのはありがたいです」(30歳)

●「お小遣いはなくても家計の管理をさせてもらい、必要な物は買ってくれるので」(36歳)

●「結婚したら我慢すると思って今まで好きにしてきたので」(24歳)

 

旦那さまに感謝する気持ちや、割り切りの覚悟!素敵ですね。

 

■月々のお小遣い額は2万円台、毎月の貯蓄額は6万円以上が大多数に!

 

やっぱり気になるのは、みんながいくら使っているのかですよね。既婚女性の月々のお小遣い額は以下のようなランキングになりました。

 

1位:2万〜2万4999円(19%)

2位:1万〜1万4999円(17%)

3位:2万5000〜2万9999円(13%)

4位:3万〜3万4999円(12%)

5位:9999円以下(8%)

 

さらに、家庭の毎月の貯蓄額ランキングはこちら!

 

1位:6万円以上(34%)

2位:5万〜5万5999円(12%)

3位:9999円以下(10%)

4位:1万〜1万4999円(7%)

4位:2万〜2万4999円(7%)

4位:3万〜3万4999円(7%)

 

ふむふむ。上位46%を占めた5万円以上の貯蓄をしている人は共働きが多いようです。9999円以下は専業主婦が多く、やはり共働きの方が貯蓄額も高くなるようです。

共通して「お小遣いは控えめ・貯蓄はがっちり」派が多いようですね。

20〜30代女性(主婦)に適切なお小遣い額や貯蓄額について、家計・ライフプランに詳しい福一由紀さんにアドバイスを頂きました。

 

「主婦のお小遣いは家計費とは分けて、家計の余裕度にもよりますが、月1万円は確保したいですね。共働きや夫婦2人だけの世帯であれば、もう少しお小遣いを増やすことができるかもしれません。子どもができると、自由に使えるお金が減っていきますので、できるだけお小遣いは少なめにしておくほう方が、後から楽になると思います。貯蓄額は、手取り収入に対する割合で考えるといいでしょう。20代、30代共働き夫婦では手取り収入の15〜20%程度、専業主婦世帯であれば10〜15%程度の貯蓄を目指しましょう」

 

■夫婦円満になる夫婦のお財布の分け方は

 

アンケートでは家賃は旦那さまが全額支払っている夫婦が半数以上いましたが、夫婦円満になるお財布の分け方の秘訣(ひけつ)を教えてください。

1 2次のページ
セキララ★ゼクシィの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会