体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

仕事中、がんばりたいのにイライラしたりボーっとしたり。私だけ? 理由知りたい

いま就いている仕事。せっかくなら、思いっきり夢中になりたい。

そんな気持ちとは裏腹に、仕事中にボーッとしたり、ついイライラしたりしてしまうことがあります。そして、親や彼にあたってしまい、自己嫌悪のスパイラルに……。

好きなことを仕事にしたほうがいい?

20161206_inochinohaha2.jpgグリッティ読者は、仕事についてどう思っているのでしょうか。そこで、仕事にまつわるアンケートを実施。「好きなことを仕事にしたほうがいいって本当?」と聞いてみたところ……

理想の働き方は1位が「フリーランス/38%」で「働きたくない/30%」が2位。3位は「会社員/15%」という結果に。※2016年11月末日現在

好きなことを仕事にしつつ、自由もある「フリーランス」が1位。2位はなんと「働きたくない」。グリッティ読者、お疲れでしょうか。たしかに、誰にだって「もう働きたくない!」って思った経験はあるはず。しかも、1度や2度ではなく。

でもポジティヴにとらえれば「自分がやりたい仕事なら思いっきりしたい」ことのあらわれ。仕事をすること自体は好きだけど、ストレスフリーに働きたいというのが本音なのかしれません。

イライラしたり、ボーっとしたり。生理が原因かも

20161115_inochi_gli8.jpg

仕事が少しずつ楽しくなってきて、プライベートも充実させたいから、いろんなことに全力投球してしまうのはたしか。まだまだ体力はあるけど、大人の余裕ってやつはまだ持ちあわせていない。不器用さもある。

風邪を引いたって仕事の量は変わらない。眠くても目をこすってがんばります。でも、イライラもするし、体が重だるくもなるし、ボーっとすることだってあるんです。

でも、それが生理前~生理中に感じる不調なら、その原因をきちんと知って対策することで、仕事をもっと楽しめるようになるかもしれません。

生理による不調、知っておきたい

20161206_inochinohaha4.jpgきちんと知っておきたい自分の体。しかも、毎月付き合っている生理のことは、女性なら復習しておきたいところ。

生理前~生理中の不調といっても、症状はさまざまです。代表的な例は下記の通り。

【生理前】
生理の3~10日ほど前から感じるイライラ、気持ちの落ち込み、乳房のハリや痛み、頭痛、むくみ、強い眠気など

【生理中】
生理痛(子宮壁からはがれ落ちた子宮内膜と血液を押し出そうとして収縮する際の痛み)、体の重だるさ、腰痛、頭痛、肌あれ

【生理不順】
正常な生理周期は、25~38日。短すぎたり、長すぎたり、期間が一定しない場合は「生理不順」と呼ばれます。

“ココロとカラダ”の両方へ影響がある生理期間。ストレスや疲れ、食生活の乱れ、睡眠不足などで視床下部が影響を受けると、デリケートな女性の体はホルモン分泌が変化して、ホルモンバランスが乱れてしまうのだそう。

その結果、生理前のイライラや落ち込みなどの心の症状、生理不順などの生理トラブルが起こりやすくなってしまうのです。

生理前~生理中の不調は、本来はない、もしくは、あるとしてもとても軽いものだそう。もし何かしらの不調を感じているなら、まずはチェックリストで生理前~生理中の不調の原因をチェックしてみましょう。

1 2次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。