ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

海外就職に役立つ7つの外国語

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

キャリアに役立つ言語と聞いて、あなたはどの外国語を思い浮かべますか?母国語以外の外国語スキルを習得するという事は、この先あなたのキャリアを切り開いてくれることを意味します。

外国語で日常会話ができ、説明ができ、更に交渉できるスキルを持っていたら、仕事での活躍はもちろんの事、自信を持つ事ができ、お給料アップなんて事も珍しくないです。

 

外国語を習得する方法は沢山ありますが、「留学」という道を選択した場合、言語力だけではなく、企業が求めるソフトスキル(対人的な交渉、新人指導、意思疎通などを上手にこなす能力)を身につける事ができます。

簡潔に言うと、外国語(および文化)を知る事で、あなたの私生活だけではなくプロフェッショナルとしての生活にも利益をもたらすのです。これはどの国、産業においても共通しています。海外での就職を目指す方にも、第2外国語の習得は大変効果的です。

 

正しい言語を選択しよう

どの言語を勉強すべきか?選択は2通りあります。1つ目は英語の様な沢山の人に使用されている言語を勉強すること。対応できる分野が広まり、就職活動中の選択肢が広がり、あなたの専門知識を幅広く役立てる事ができます。

世界の沢山の人が使用する言語だと、その分競争率も高くなる為、他のライバルから自分自身を差別化させる特別なスキルがプラスαで必要になります。

 

2つ目は、英語の様なメジャーな言語より、マイナーな言語選択です。メジャーな言語に比べると、チャレンジを要する場合もありますが、成功率は高いのがメリットです。なぜなら、競争率が低い為、その言語での分野で重宝され一目置かれる存在になるからです。

例えばスペイン語にするかアイスランド語にするか悩んでいる際に「正しい選択」「間違っている選択」は存在しません。

最も大切なのは、他言語を勉強する事と、その言語があなたの興味を惹くかどうか、という点を重視しましょう。その言語に興味があれば、長いスパンで学習意欲が続きます。言語を選択する際にルールはありませんが、あなたにとってどの言語が他の言語より役立つか見極める必要があります。

 

英語

英語

世界共通語として知られる英語。外国で働くのに英語を話せる事が必須ではありませんが、話せる事に超した事はありません。これは、どの分野でも共通で言える事です。英

語力があれば、アカデミックな環境で役に立つでしょう。世界中の大学に行く事もできますし、知識や教養を身につける事ができます。

英語を話す事ができれば、世界中を旅する事ができ、ポップカルチャーに興味がある人なら存分にその分野を極める事ができます。人生は仕事だけではないのですからね。

 

フランス語

フランス語

フランス語は世界29カ国で公用語として使用されていて、22,000万人以上の人々によって喋られている言語です。主に欧米とアフリカで使用されています。国際的な組織(UN、UNESCO、NATO、FIFA、WHO)での代表的な言語としても有名です。

オリンピックでは公用語の一つして認定され、EUでも代表的な言語の一つして選ばれました。外交関係や国際情勢に興味があり、またアフリカでのプロジェクトに参加したいと思っているなら、フランス語を流暢で話せる事が必須条件になります。カジュアルな話ですが、フランス語はファッション業界での代表格という事も忘れないでくださいね。

 

スペイン語

スペイン語

スペイン語は世界で約4億人の人々に話されています。バルセロナやコスタリカの様な美しいロケーションで休暇を楽しむのに役立つだけではなく、スペイン語を喋る事ができればプロとして働く機会も増えます。

フランス語と同様、スペイン語は国際組織内で認められている言語なのです。インターネット上でも幅広く使用されており、あなたが医療関係や社会学に興味があれば、スペイン語を話せる事は強みになります。

それに加えて、スペイン語はアメリカの第二公用語でもある為、北米で働きたいという願望を持っているなら、スペイン語スキルは非常に役に立つでしょう。

 

ドイツ語

ドイツ語

ドイツ語は1億人以上の人々によって話されています。ヨーロッパの代表的な言語であり、ドイツ経済はヨーロッパで最も 影響力があり、世界で4位にランクインされています。

その為、ドイツ語学習と併せて化学、ファイナンス、バンキング、文学、エンジニアの分野を勉強すれば経済界での活躍を期待できます。

 

中国語

中国語

中国は世界で最も大きな経済力がある国です。その為、中国語が喋る事ができればその分ビジネスチャンスとキャリア成長が期待できます。中国語13億人以上の人々に喋られている為、中国語を練習する機会が他の言語が多い事も利点の一つです。

中国語は主に、中国大陸と台湾で話されています。他にも、インドネシア、香港、タイ、マレーシア、シンガポール、ブルネイ、モンゴル、フィリピンと多くの国でも話されています。

簡潔に言うと、中国語をマスターすれば、アジアどこでも現地の人々とコミュニケーションができてしまうのです。第二言語として中国語を喋り、尚且つビジネスや観光学とのコンビネーションがおすすめです。また、産業学との組み合わせもレジュメで一目置かれるでしょう。

 

イタリア語

イタリア語

アート、ファッション、デザイン、クラシック音楽、高級ブランド、料理等の分野での仕事で活躍したいと考えているのであれば、イタリア語を勉強する事は完璧な選択と言えるでしょう。

 

日本語

日本語

日本は世界で最も影響力がある、経済大国のひとつ。特に、家電業界と自動車業界での活躍は世界の中で際立っています。産業、エンジニア、研究、開発の分野に興味を持つ外国人の方には、これらの分野で活躍をしたいから日本語を学ぶ人が多いようです。

また、日本は貿易が盛んな国なので、世界中の国と繋がりがあります。その為、日本語のスキルを就職活動に大いに利用する外国人の方が増えています。
Licensed material used with permission by EF Education First Ltd. & all photo by shutterstock

 

英語を学ぶ旅へ出る

英語を学ぶ旅に出る_02

ただ、旅をするだけじゃ物足りない。現地に深く溶け込みたい。自分のやり方で語学力を身につけ、新しい文化を体験し、世界を発見したいと思ったことはありませんか。

学生時代に英語を学ぶ旅として留学を経験し、一生分の経験ができたので今回はその魅力と感じたことをまとめました。

「英語を学ぶ旅」をオススメする3つの理由

関連記事リンク(外部サイト)

「英語が苦手なあなたへ!」英語を話すために知っておきたい、英語と日本語の9つの違い
国内で外国人と英会話ができる場所まとめ!海外経験なしで英会話をペラペラにしよう
日常への帰還!長期旅行やワーホリから帰国前にやっておくべき6つのこと
おもしろ英語イディオム10選!Cats and dogs=土砂降りって本当?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。