ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

家族が次々にインフルエンザを発症!看病に明け暮れる臨月の私の運命は!?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope04:20160519183611j:plain

妊娠期間はお腹の赤ちゃんと約10カ月の月日を過ごすことになるのですが、10カ月ともなると大なり小なり何かしらトラブルが発生してしまうことと思います。

私も妊娠中は様々なトラブルが起きましたが、その中でも家族がインフルエンザになってしまった時が一番大変でした。

それは3人目を妊娠中の臨月に入ったばかりの時期でした。

季節は3月上旬だったのですが、小学校や幼稚園ではまだまだインフルエンザが蔓延中だったのです。

小学校に通っている上の子が突然高熱を出した為、小児科に連れて行ったところ、まさかのインフルエンザA型の陽性反応が!

その年は私が妊娠中ということで、家族でインフルエンザの予防接種を受けていたのですが、残念ながら感染してしまったようでした。 関連記事:インフルエンザを持ち込んだ夫に激怒!その日を境に私は「鬼嫁」と呼ばれるようになったのです

ちゃんと予防接種を受けたにも関わらず、インフルエンザにかかってしまったショックでがっくりと肩を落としながら帰宅。家に着き、もらったタミフルを飲ませ、とりあえず寝室に寝かせ、隔離をしました。

家では上の子にマスクをしてもらい、私もマスクを着用。そして、手の消毒スプレーを完備し、こまめに消毒。

予防接種をしていたせいか、高熱はあるものの、そこまで辛そうではなかったので一安心。あとはこのまま何もなく熱が下がって、家族にうつらないことを祈るだけでした。

それから2日が経ち、熱も下り、ほっとしたのも束の間・・・。なんと下の子も発熱!すぐに小児科へ。

上の子がインフルエンザだったのですぐに検査をしてもらったところ、嫌な予感は的中。下の子もインフルエンザA型の陽性反応が!

下の子は当時3歳だったので、上の子よりもかなり辛そうでした。とても辛いようで、起きている間はずっとグズグズ状態。眠ってくれている以外は常に抱っこしていなくてはいけなかったのです。

3歳児とはいえ、ずっと抱っこしているにはずっしりくる重さ。大きなお腹でずっと抱っこにおんぶはかなり負担で、私もフラフラでした。

辛さのピークを越え、ようやく落ち着いてくれたのはそれから2日後でした。まだ微熱はあるものの、ご飯も食べてくれるようになり、一安心。私自身もうつる気配もなく、安堵していました。

ところがその安堵も束の間、会社にいるパパから突然連絡がきたのです。

体調が悪いからこれから帰るとのこと。まさかね・・・と思いながらも、そのまさかは的中。パパもインフルエンザA型に!

結局私以外の全員がインフルエンザにかかってしまったのです。

私はうつらずにすんだのですが、次々に看病をしなくてはいけないのと、今うつってしまったらお腹の赤ちゃんは大丈夫なのかと、とても不安でした。

自分自身が体調不良になってしまうのはもちろん一番大変なのですが、家族が体調不良になってしまうのもとても大変でした。

妊娠中は妊婦さん本人だけでなく、家族みんなで体調管理に気をつけないといけないと身に染みたトラブルでした。 関連記事:予防は大切!息子がインフルエンザにかかり、治った頃に家族もろとも高熱でダウン

f:id:akasuguope04:20160516200854p:plain

著者:るんてぃ

年齢:34歳

子どもの年齢:12歳、8歳、3歳

中学生、小学生、幼稚園児の3人のママをしているくたびれ母ちゃんです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

第2子妊娠で喜びもつかの間…。子宮頸がん検査でまさかの再検査を告げられて
自分と赤ちゃんを守るために。被災地の妊婦さん・ママに知っていただきたいこと
なんだ双子じゃないのか、と言われガッカリ…

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。