体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どのグレードも魅力的な現行メルセデス・ベンツ Cクラスは、結局どれを選べばいいのか選手権!

▲1.6L直噴ターボからプラグインハイブリッドまで、実はけっこうグレードが細かく分かれている現行メルセデス・ベンツ Cクラス。中古車として買うなら結局どれがイチバンなんでしょうか?

▲1.6L直噴ターボからプラグインハイブリッドまで、実はけっこうグレードが細かく分かれている現行メルセデス・ベンツ Cクラス。中古車として買うなら結局どれがイチバンなんでしょうか?

「ベストバイ選手権」を通じてNo.1中古車を決める!

現行メルセデス・ベンツ CクラスおよびCクラス ステーションワゴンほど、30代から50代ぐらいの人間に「ちょうどいい」車はなかなか見当たらないように思える。主に走りを中心とする車としての出来はすこぶる良く、装備内容やその質感も良好。実用的でありながらラグジュアリーでもあり、ブランドイメージも良い。そしてプライスもなかなかお手頃で、中古車であればさらにお手頃だ。

唯一の問題は「意外と種類(グレード)が多くて、結局どれを選べばいいのかイマイチわからん!」ということだ。C180系で十分なような気もするし、でもやはりC200系の方が満足度は高いような予感もある。はたまた途中から追加されたディーゼル版も気になるし……。

まあ漠然と「気もする」「気になる」とばかり言っていても始まらない。各グレードの特徴と中古車相場ならびに流通量などを具体的に調査し、そして各グレードのお買い得度を競わせる選手権大会を(脳内で)開催することにより、暫定的な王者すなわち「今最も注目すべき現行Cクラスはとりあえずこのグレード!」ということをハッキリさせたいと思う。

▲どれを選んだとしてもそれなり以上に満足できてしまうというのが、逆に悩ましいポイントとなっている現行メルセデス・ベンツ Cクラス

▲どれを選んだとしてもそれなり以上に満足できてしまうというのが、逆に悩ましいポイントとなっている現行メルセデス・ベンツ Cクラス

そもそも流通量の少ないグレードが早々に初戦敗退

【セダンブロック1回戦:バトルロイヤル】

まずはセダンの主要全グレードによるバトルロイヤルを実施し、最初の足切りを行いたい。参加選手は以下のとおりだ。

■C180(1.6L直4ターボ/最高出力156ps/7速AT/受注生産)

■C180アバンギャルド(1.6L直4ターボ/最高出力156ps/7速AT)

■C200アバンギャルド(2L直4ターボ/最高出力184ps/7速AT)

■C220dアバンギャルド(2.2L直4ディーゼルターボ/最大トルクは怒涛の40.8kg-m/9速AT)

■C250スポーツ(2L直4ターボ/最高出力211ps/7速AT)

■C350eアバンギャルド(2L直4ターボ+60kWの電気モーター/7速AT)

全選手とも実力者だが、シンプル装備で受注生産のC180は「走行3万km以下の修復歴なし車」の流通量が11月18日時点でわずか7台ということで、「そもそも見つからないよ!」との声を浴びながら早々に敗退。そしてC200系と同じ2Lターボながら高出力+19インチホイールとなるC250スポーツと、ターボエンジン+電気モーターによりAMG C63にも迫る合計トルクを誇るC350eアバンギャルドも、前同条件の中古車がそれぞれ全国で22台/13台しか流通しておらず中古車としては探しにくいということで、惜しまれながらもここで敗退となった。

バトルロイヤルというのは本来「最後に残った1人」が勝者となるものだが、今回は特別ルールにより残った3名、すなわちC180アバンギャルドとC200アバンギャルド、そしてディーゼルのC220dアバンギャルドが2回戦へと進むことになった。

▲流通量豊富な3グレードが2回戦へ。写真は本国仕様のC250アバンギャルドAMGライン

▲流通量豊富な3グレードが2回戦へ。写真は本国仕様のC250アバンギャルドAMGライン

実力伯仲の3グレード。勝敗を分けたのは「中古車らしい相場か否か」

【セダンブロック2回戦:ディベート】

2回戦まで勝ち残ったのはどれも、車としてのクオリティと中古車としての存在感の双方において非常に秀でている実力者ゆえ、そう簡単に優劣は決められない。よってここはディベート形式による話し合いの推移を見ながら、決勝戦に進出する2グレードを決定したいと思う。

C180アバンギャルド(以下、C180AVG)「まず最初に申し上げたいのは、C200アバンギャルド(以下、C200AVG)とわたしでは、確かにエンジン排気量は1.6Lと2Lで大きく違いますが、ドライバーが実際に感じるパワー感のようなものはそう大きく変わらないということです」

C200AVG「失敬な。事実としてわたしの方が馬力にして28ps、トルクは5.1kg-m力強いじゃないか。この差は大きいぞ!」

C180AVG「もちろんそうです。わたしとあなたを同タイミングで試乗すれば、『やっぱC200AVGの方が若干パワフルだな』と思うことでしょう。ですがそれぞれに日をおいて試乗したなら、違いはさほど感じないものです。そして多くの人が『日本ではC180系で十分』と評しているのは、ちょっとネット検索をすれば誰でもすぐにわかることです」

▲現行Cクラスの基本エンジンとなる直列4気筒の直噴ターボ。排気量とチューニングの違いでグレードによりパワーとトルクは異なるが、最も排気量が少ない1.6Lでも基本的には十分パワフル

▲現行Cクラスの基本エンジンとなる直列4気筒の直噴ターボ。排気量とチューニングの違いでグレードによりパワーとトルクは異なるが、最も排気量が少ない1.6Lでも基本的には十分パワフル

C200AVG「……百歩譲ってそうだとしても、装備の問題はどう考える? C200AVGであれば、パッケージオプションとして『AIRMATICサスペンション』が装着された中古車を探すこともできるし、C200アバンギャルドAMGラインであればそもそも全車に装着されている。これはダンパーの硬さを任意に選べるもので、快適性とスポーツ性能が両立している素晴らしいサスだと我ながら思うぞ。C180だと、AMGラインであってもこのサスが付いてないじゃないか!」

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。