体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自分に合った仕事をみつけるには?”空いてる椅子”の話

こんにちは、ハブチンです。

今回は大学に進学せず、就職活動もせず、17歳からイラストレーターとして活動する兎村彩野さんにインタビューしました。

彼女の「自分に正直に暮らす」生き方は、社会のレールに沿って他人の評価ばかりを気にしてきた私にとっては驚きでした。

兎村さんのような働き方を、読者の皆さんが100%マネできるわけではないと思いますが、”人間らしく生きるヒント”を得てもらえたら幸いです。

f:id:kensukesuzuki:20161202162046j:plain

【兎村 彩野さん プロフィール】

イラストレーター、アートディレクター。

1980年東京生まれ、北海道育ち。高校在学中にプロのイラストレーターとして活動を開始。17歳でフリーランスになる。子ども向けの絵(NHKおかあさんといっしょの「黒ネコダンス」や「ながぐっちゃん」など)や女性向けの絵、アウトドアに関する絵を得意とする。2012年株式会社レプスを設立。大手広告代理店やテレビ局、出版社など多数のクライアントを抱える売れっ子として活躍中。

聞き手:ハブチン 撮影:鈴木健介

仕事は選ぶのではなく受け入れるもの

f:id:kensukesuzuki:20161202162124j:plain

ハブチン:兎村さんはいつからイラストレーターになられたんですか?

兎村:17歳のときにフリーランスで生きていく道を選びました。

高校2年生だったのですが、学校へ行く理由がすでに見つからなくなっており早く働きたかったんです。その時からイラストレーターとして生きていくつもりだったので、大学への受験勉強や、就職活動はしてきませんでした。

ハブチン:そうは言っても、いきなり高校生がイラストレーターになれるものなのでしょうか?

兎村:父がデザイン関係の会社をしていて、中学生からMacintoshで絵を描いたりデザインしていた私を見ていてくれたので「挿絵とかキャラクターとか描いてみる?」と誘ってくれたんです。元々、小学生の頃から図工の時間が好きで、ずっと図工の時間でいたい、「図工になりたい」と思っていました。

ハブチン:もはや図工したかったわけではなく、なりたかったんですね(笑)

兎村:そのとき偶然職業が与えられて、やってみたら面白かったし、感謝されたときに嬉しかったので「私の人生これでいっか!」という感じでした。

ハブチン:ほとんどの方は美大に通ったり、デザイン事務所に入ったりしますよね。有名な会社に入りたいとか、大きな案件を手がけたいという想いはなかったんですか?

兎村:なかったですね。上ばかりを見ていると、首が痛くなるじゃないですか。上をみなくても、周りを見渡せば困っている人がいて、その人たちのために絵やデザインで伝えることのお手伝いをするほうが向いているなと思いました。神様から「はい、あなたはこれをやりなさい」といわれたような。仕事は「選ぶのではなく受け入れる」という感覚でしたね。

空いている椅子を探すこと

ハブチン:最初はお父さんの仕事からスタートしたわけですが、他のお客さんの仕事もしていくわけですよね。どのように仕事を得てきたのですか?

f:id:kensukesuzuki:20161202162147j:plain

兎村:仕事を「椅子」だとしたら、就職活動は椅子選び、もっというと椅子取りゲームですよね。良い椅子はふかふかで座りやすかったり、質の良い素材でできているかもしれません。座り心地がとてもよいかもしれないです。ただその分、人気があるので競争が激しいし、たとえ座れても、椅子を奪いに来る人もいるかもしれなく、すこし気が張る椅子でもあるかもしれないです。

ハブチン:確かに椅子取りゲームですね。

兎村:良い椅子に座れたとして、ただガムシャラに席を守っているだけだと、案外、誰からも「ありがとう」が言われないので、私だったら寂しいかもですね。ただそれでもその椅子が死ぬほど好きな椅子なら死守することは幸せだと思いますし寂しいと思わない人もいます。価値はそれぞれなのでいいのですが。

ハブチン:確かにいい椅子に座っていても、いつ奪われるかヒヤヒヤしながら過ごすのはストレスですよね。

兎村:一方で、空いている椅子は少し不便だったり、直さないと座れなかったりするので、人気が無かったりします。もしかすると変な色かも知れません。

ハブチン:周りから「なぜきみはそこに座っているの?」と言われるかもしれませんよね。

兎村:少し不便だったり、少し違うかなぁと思う椅子でも空いているところに座ってみて、椅子を修理してみたり、掃除してみたり、ペンキを塗ってみたり……自分なりに工夫して自分の座りやすい椅子に仕立て直すのも良い人生なんじゃないかなと私は思っています。

ハブチン:自分の工夫次第で、変われるということですね。

兎村:椅子を自分のチカラで直せるようになると、自分で空いている椅子に移動できるし、どんどん心地よい椅子が作れるようになります。つまり仕事の選択肢が増えるんですよね。人から注目される椅子に座ることもいいと思うのですが、誰かの椅子の修理を手伝って「ありがとう」と言われる人生もなかなか素敵だなと思います。

「白い椅子」が少なくなっていく

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。