体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

レトロモダンでかわいい! 「こぎん刺し」でくるみボタンを作ってみた

f:id:ponparemall:20161124152242j:plain

素朴で和の趣が味わい深い「こぎん刺し」が現代の女子たちをも虜にしており、今密かに流行っているのだとか。

でも、「こぎん刺し」ってなんだろう? 材料を揃えて作るのは大変そうだけど…。今回は先生に「こぎん刺し」の基本を教えていただき、かわいいくるみボタン作りにチャレンジしてみます!

寒冷の地・東北の暮らしの中から生まれた「こぎん刺し」

そもそも「こぎん刺し」とは、青森・津軽地方に伝わる刺し子の一種。木綿が高価だった1700年代の津軽地方では、野良着に麻布を使用していました。目の粗い麻布に木綿の糸を刺繍し、粗い目を埋めることで保温や布の補強をしていたとのこと。この野良着のことを「こぎん」と呼んでいたため、「こぎん刺し」という名がついたそうです。

津軽地方の農民の暮らしの中から生まれたこぎん刺しは、母から娘へと受け継がれ、たくさんの美しい模様が残されていきました。伝統的な図案は「モドコ」と呼ばれ、ハナコ(花)、マメッコ(豆)など、300種類もあるそうです。

こぎん刺しを現代風にアレンジした、植木友子先生の作品

今回こぎん刺しを教えていただいたのは、『こぎん刺し 模様遊び』の著者・植木友子先生。東北は秋田のご出身で、もともとお子さんの子ども服をハンドメイドし、販売されていたそうです。

f:id:ponparemall:20161124152344j:plain

植木先生は、「もっとオリジナリティのあるものを作りたい!」と、クロスステッチなどにも挑戦するなどして模索していたなか、こぎん刺しを知って独学で刺し始めたとのこと。

「もともと和物が好きで、日本の、しかも故郷に近い青森発祥ということで、こぎん刺しに興味を持ちました」(植木友子先生、以下同)

古典図案をどう並べるかでも無限にデザインが広がるこぎん刺しに魅了され、次々と刺しているうちに、自分で図案を引きたくなってきたのだとか。

「伝統的なこぎん刺しは奇数目なのですが、好みのデザインを追求していくうちに奇数目ではない図案もできてきて。私のはこぎん刺しと言うより“こぎん刺繍”に近いかもしれません(笑)」

そうおっしゃる先生ですが、作法がガチガチに決まっていないほうが初心者には入りやすいですよね!

先生オリジナルの図案は『こぎん刺し 模様遊び』にもたくさん掲載されています。

f:id:ponparemall:20161124152429j:plain

『こぎん刺し 模様あそび』

植木友子・著 日本ヴォーグ社刊 価格/1,296円(税込)

在庫をチェックする⇒

f:id:ponparemall:20161124152636j:plain

古典図案をいかしたオリジナルの図案が素朴で可愛らしい先生の作品。りんごや鉄瓶など、東北の手仕事や特産品がモチーフとなっていて、かわいいです!

初めてのこぎん刺しに挑戦!

1 2 3 4 5 6 7次のページ
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。