体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

帯広のソウルフード、インデアンカレーに鍋持参で向かう!

f:id:mesitsu_lc:20161119100458j:plain

帯広市民の胃袋をガッチリつかんで離さない。

皆さんは「インデアンカレー」をご存知でしょうか。

仕事の間にインデアン。

家でも持ち帰りでインデアン。

イベント会場でもインデアン。

帯広とインデアンカレーは、切っても切れない仲なのです。

一体、どんなカレーなのか。

帯広へと向かいました!

噂は本当か検証

f:id:mesitsu_lc:20161119100459j:plain

鍋を持って帯広にやってきました。

メシ通レポーターの裸電球です。

今回は帯広市民のソウルフードと言われる、

「インデアンカレー」を味わいたいと思います!

f:id:mesitsu_lc:20161119100500j:plain

なんでも、地元の人は、

「鍋持参」で買いに来ることも多いんだとか。

なんですかその地域密着っぷり。

それじゃ、裸電球も。

鍋持って向かいますよ!

f:id:mesitsu_lc:20161119100456j:plain

帯広市など十勝エリアを歩けばインデアンにぶつかるといっても過言ではありません。

あちこちにお店を構えています。

釧路市を合わせて、12店舗ですって!

この営業展開。

どれだけ愛されているかわかりますよね。

f:id:mesitsu_lc:20161119100455j:plain

今回は駅からほど近い「まちなか店」にお邪魔しました。

観光での利用はもちろん、

繁華街からも近いので、飲んだ後の〆のカレーにも重宝しそうです。

f:id:mesitsu_lc:20161119100449j:plain

へー!

お値段もお手頃だと思いませんか。

週に何度もインデアンを食べるという市民がいるのにも納得です。

f:id:mesitsu_lc:20161119100451j:plain

本当に鍋なんて持ってきていいんでしょうか。

今のところ、私の他に「鍋持参タイプ」のお客さんはいません。

照れます。

f:id:mesitsu_lc:20161119100452j:plain

「鍋、大歓迎ですよ!」と店長さん。

ここはまちなかのお店だから少ないだけで、

郊外店ほど鍋を持ってくるお客さんが多いんだそうです。

f:id:mesitsu_lc:20161119100433j:plain

ノリノリで鍋を抱えておいてアレですが。

こんなにイイ匂いに包まれて。

食べないで帰るなんて選択肢はありません!

f:id:mesitsu_lc:20161119100435j:plain

昭和43年、第1号店のオープン以来、

愛され続けるカレー。

どんな味なのでしょうか。

ソウルフードが登場!

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。