ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ポール・サイモン、ニュー・トラック 「ストレンジャー」 を突如公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ポール・サイモン、ニュー・トラック 「ストレンジャー」 を突如公開

 ポール・サイモンの最新作『ストレンジャー・トゥ・ストレンジャー』のアルバムに収録されている1曲目「ザ・ウァーウルフ」と3曲目「ザ・クロック」を混合しリワークした、独創性あふれたた全く新しいトラック「ストレンジャー」が完成し公開された(https://youtu.be/RYlMBKYFw4U)。

 本トラックをプロデュースしたのは、ドニー・トランペット&ザ・ソーシャル・エクスペリメントでチャンス・ザ・ラッパーと一緒にバンドを組んでいたドニ―・トランペット改め、ニコ・シーガルとネイト・フォックス。 ニコ・シーガルのトランペットをフィーチャーした本トラックは、ポール・サイモンがとことん音を探求していく姿勢に基づき、実験的なポップ、ソウル、ヒップホップ、ジャズの精神をまったく新しいものに浸透させている。
 
 今年6月にリリースされた『ストレンジャー・トゥ・ストレンジャー』は、2011年の『ソー・ビューティフル・オア・ソー・ホワット』以来5年ぶりの作品だが、サイモンは再び全く異なるジャンルを探求、イタリアのエレクトリック・ダンス・ミュージック・アーティスト、Clap! Clap!などともコラボし、新しいサウンドを生み出した。

 「僕は50年前から一般的に広く知られるようになったので、僕の新しい仕事に関しては多くの先入観を持たれているんだ。みんな『グレイスランド』になるのかとか「僕とフリオと校庭で」みたいなものになるのかとかサイモン&ガーファンクル、もしくはケープマンになるのかなど大体そんなことを言われる。開かれた耳で人々に聴いてもらうには本当に面白いものを作らなければならないんだ。人々は、大抵面白くないというのをベースに心の準備しているものだからね。」とポール・サイモンは語っている。

◎商品情報
『ストレンジャー・トゥ・ストレンジャー』
価格:2,808円(Tax in)
品番:UCCO-1169(SHM-CD)

関連記事リンク(外部サイト)

ポール・サイモンのニューアルバム、自己最高位スタートか
ポール・サイモン 5年ぶりの新作が遂に完成!「サウンド自体がこのアルバムのテーマ」と語る意欲作に
大ゲンカ騒動のポール・サイモン&エディ・ブリッケル夫妻、告訴取り下げられる

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。