ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

乾燥を制すものは美肌を制す! ウルツヤ肌のための3ヶ条

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

乾燥を制すものは美肌を制す! ウルツヤ肌のための3ヶ条

お肌の乾燥が気になる季節です。春夏は特に気にならない人でも、この時期は保湿に気を配らないと粉を吹いたり、化粧崩れが酷くなったり、ファンデがのらないなんてお悩みも多くなりますよね。冬の乾燥に負けないウルツヤ肌を作るための乾燥対策についてご紹介します。

その1、お肌がキュッとなるのは洗い過ぎ

毎回しっかり洗顔フォームを使って、お肌がキュッとなるまで洗わないと気が済まない。こんな人は乾燥に気をつけなくてはならないかもしれません。
お肌自体が作り出している皮脂、細胞間脂質、NMF(天然保湿成分)は、ベビースキンを作れるたったひとつの保湿剤。しかし、お湯や石鹸で洗い過ぎることで大切な保湿剤を洗い流してしまうのです。
いくら外側から保湿を頑張っても、中から水分や油分が流れ出てしまっていては意味がありません。まずは洗い過ぎていないか確認してみましょう。

その2、スキンケアはスピードが命

乾燥しがちなお肌とは、先ほど述べたNMFや皮脂が失われている状態。健康な状態ならば24時間かけて失った細胞間脂質やNMFを回復させます。
そこで応急処置として外側から化粧水や乳液などで保湿をしてあげるわけですが、長時間の入浴後など角質がふやけている状態の時は皮脂やNMFが流れ出しやすくなっているため、少しでも放っておくとパキパキに。すぐに化粧水と乳液で埋め合わせしましょう。
化粧水が肌に浸みこむのを待ってから乳液やクリームを使う方法がありますが、実はこの待ち時間にも乾燥してしまうので、化粧水をたっぷり使ったら、すぐに乳液を塗るのが正解なのだそう。入浴中、入浴後にかかわらず、シートパックなどを長時間するのも逆効果なので要注意です。

その3、乳液短縮はダメ! 絶対

皆さんは乳液をちゃんと使ってますか? 乳液は油分を補うというよりも、NMFに近い成分なのだそうです。だから化粧水で水分を補ったら、すぐに乳液、そのうえに浸透力が低いクリームやワセリンなどのオイル成分で保護をするのが正しい保湿のしかた。
今はスキンケア製品も多種多様で、オールインワンのものやゲル状のもの、クリーム化粧水なるものまであります。
しかし昔ながらの化粧水→乳液という流れがいちばんお肌の天然保湿成分に近い保湿のしかたなんですね。乳液+αの役割をする美容液もあるので、成分や役割と使う順番を確認して使いましょう。

化粧水で水分や美白成分を補ったら、いきなり蓋をするための油分ではなく、セラミドなどの細胞間脂質の役割をする乳液や美容液を使うのがおススメですよ。正しい保湿をして、乾燥知らずのツヤ肌になりましょう。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。